2009年11月8日(日)晴れ 15度 秋の里山づくり
活動内容 11月とは思われない気温、まさに森づくり日和でした。暖かくて、作業すると汗がでて気分爽快でした。
現在行っている森づくり、里山づくりは環境保全事業の一環でセンター周辺はもとより、流域に至るまでの活動をイメージしています。範囲が広くてなかなか大変ですが、いい環境を次の世代に残していくための事業です。登別市の「100年構想」に基づいて市民が積極的に関わっていくことが必要です。興味のある方は是非一緒にやりましょう。

昨日に引き続き、秋の里山づくりが今日も進みました。本日の作業は、8月に一斉に刈っていただいた1×8プレイスの場所、倒れてしまいそうな木を倒し、それに伴ってでてきたツルなどを撤去しました。倒木の処理とあたりに散乱する落ち葉や枯れ草を燃やし、きれいにしました。が、まだまだ今年中しなければならないことがいっぱいあります。

来週は、この1×8プレイス、冬を迎える前に、ぴょんぴょん飛び出て硬くなったよもぎやいたどり、ハンノキなどをきれいに刈り上げます。草刈り部隊と草集め隊、たき火隊、大募集しています。どうぞよろしくお願いいたします。春には、生まれ変わる場所との出会いを期待して…
後何回実施できるかどうかわかりませんが、時間と天候と相談をしながら実施していきます。
参加者
活動場所 1*8プレイス
ボランティアスタッフ(敬称略) 矢野
ふぉれすと鉱山スタッフ 吉元、松原
タイムスケジュール 10:00〜15:00
Comment 吉元
photos MJ
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ