2009年11月7日(土)晴れ  B−NAG 研修ツアー
活動内容 10:00市民会館を車で移動、点在する牧場のみどりに感激し、のぼりべつ酪農館にて休憩、体育館にてクライミングボード,バスケットのシュートなどしばし学生の頃を懐かしみながら、登別の特産物に主婦として現実に戻ったりと、おおはしゃぎ!
その後、ハイキングを楽しみました。
しばし農道をゆっくりと進み、のどかな小春日和の中小鳥のさえずりに耳を傾けたり、葉を落とした木々の名前を当てたりと、普段車で何気なく通り過ぎてしまう景色も新鮮なものでした。
また途中には札内の大地を一望できる場所で即席のテーブルで札内カフェが登場し青空の下でのコーヒータイムには参加者の方も大喜び、これも今日の暖かな日和の出来る業、冷害凶作に悩まされた先人達の苦労は微塵も感じさせられないほどでした。
お茶の後はゆったりとおしゃべりなどをしながら、マリンズステーブルへ向かい登別特産の牛乳とチーズ、ウインナーで温かいシチュウで昼食をとりました、これもまた牧歌的な風景の中でのランチタイム、思わずおかわりも・・・。
昼食後、いよいよメインの乗馬体験 白い馬が2頭栗毛が1頭オーナーが乗っているバックスキンと結う珍しい毛色の馬の4頭が引き出されました、最初は馬も人もなれないようで恐る恐る・・・でも乗っている姿は立派なものでかっこよく写真に納まっていました。
練習のあとは一列に並んで林のなかへ・・・数十分後 人馬一対となり!?堂々の帰還? 馬の首筋に薄っすらと汗がにじみ思わず「ご苦労さん、ありがとうね」と優しい気持ちに慣れました。
その後馬の調教の仕方や馬の気持ちなど、丁寧な説明もあったりと、今度は少し早足で鬣をなびかせて走って見たいとも思いました。
今回の参加者さんはまたこんな企画があったら是非参加してみたいともおっしゃっていました、またいつも車で通り過ぎるだけだったのでこんなに奥深いとは思わなかった、と言っていました。
今回色々とお手伝いくださいました皆様、お疲れ様でした有難うございます。
参加者 合計 5名
活動場所
B-NAG(敬称略) ガイド;長田た
ふぉれすと鉱山スタッフ 遠藤
タイムスケジュール
Comment 長田
photos 遠藤
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ