2009年10月31日(土)曇り 4度 ふぉれすと鉱山流里山づくり 木の実・種集めの日
活動内容 前日の夜から一気に冷え込み、朝には霜がおりていました。
そんな寒さも吹き飛ばすくらい今日の参加者は元気でした。

今日は冬支度をしている森の様子を見に行きます。
木の実や種や落ち葉など、これから冬に向けて準備をしている森から色々なものを発見しました。
事前に仕掛けた種集めのためのシードトラップには、ヤマモミジやホオノキ、ミズナラの葉っぱがたくさん入っていて、葉っぱをかきわけるとカエデの種やシラカバの種が入っていました。
そして、森の中を歩いていると、ヤマブドウが鈴なりになっていました。
脚立と高枝切りばさみを駆使して、山から恵みをおすそわけ。
さらに、途中でクリも見つけ、クリもたくさんいただきました。

お散歩から帰ってきて、森トンハウスの薪ストーブでまったりとしながら昼食に。
今日はキノコたっぷりのすいとん汁。
寒い体がポッカポカに温まりました。
そして、山の恵みのヤマブドウジュースとゆで栗もいただき、森に感謝。

午後からは午前中に採ってきた葉っぱや種を広げて、どんな葉っぱがあったのか、どんな種があったのかを見ました。
森のことを少しお勉強し、森からの恵みをいただき、森に感謝したところで、皆さんで森にお返しをしました。
先月にササを刈り森がきれいになったのですが、ササに隠れていたゴミが大量に見つかったのです。
その光景を見て、みんなでゴミを拾いました。
わずか10分ほどでゴミ袋が5,6袋になるくらいのゴミを拾いました。
皆さんの行動と気持ちがとてもうれしいです。
ありがとうございました。

来年、きれいな森から新しい命が生まれてきてくれればと思っています。
今日もご参加ありがとうございました。
たくさんの人に関わってもらい、楽しい気持ちのいい森ができて...
ふぉれすと鉱山の里山をそんな場所にしていきたいです。
参加者 合計 25名(大人11名、小学生2名、幼児8名、3歳以下4名)
活動場所 遊歩道周辺、森トンハウス
ヂカタビレンジャースタッフ(敬称略) 吉田し、谷口、福澤
ふぉれすと鉱山スタッフ 北川、吉元
タイムスケジュール 10:00〜14:00
Comment 大橋
photos 大橋
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ