2009年10月15日(木)晴れ 14度 幌別西小学校3年生総合学習活動サポート
活動内容 幌別西小学校の3年生が「幌別の自然とまちを知る」というテーマでの学習の一環として、ふぉれすと鉱山に来てくれました。
3つのテーマに分かれて、自然のことについてたくさんの発見をしてもらいました。
鉱山は自然がいっぱいのようだけど、みんなの住んでいるところにもちゃんと自然はあって、その場所ならではの姿を見ることができます。
学校に帰ったら、身の回りの自然についても発見してみてくださいね。

<葉っぱコース(大橋)>
紅葉がきれいな今時期にぴったりのコース。
まずはじゃんけんをして葉っぱを集める活動でウォーミングアップ。
ゲームをしながら葉っぱを探す練習をし、見たり触ったりしながら葉っぱの特徴を覚えていきました。
葉っぱも一枚一枚大きさや形や色も違います。
最後には赤、橙、黄、茶、緑の葉っぱを集めて葉っぱのグラデーションを作りました。
そして、グラウンドから見える山々の紅葉も地面のグラデーションのようになっていて、とてもよくマッチングしていました。
「紅葉きれいだね」とか「今度、葉っぱ遊びやってみる」という嬉しい声も聞けました。
今回の活動で、少しでも葉っぱや自然に興味を持ってくれたらうれしいです。
また来てくださいね。

<動物の痕跡コース(北川)>
野生動物に出会うのは難しいけれど、生活している証拠は実はあちこちにあります。
どんな証拠が見つけられるかな?と聞いてみると「足跡」「におい」「巣」「食べた跡」など、次々に声が上がりました。
では早速出発・・・と思ったら、いきなり現れたアカガエル。
いやいや、いきなり野生動物に出会ってしまいましたね。

森の中に入ると、リスの食べたまつぼっくり、キツネやリスの糞、小鳥の巣、フクロウの巣箱、鳥の羽、テンの爪あと・・・とどんどん発見していきました。
最後はとっておきの場所で、なんとコウモリを発見!
ばたばたと飛び回るホンモノの姿に大興奮でした。

<木の実と種コース(先生2名)>
実りの秋というだけあって、様々な木や草が種や実をつけています。
どんな形や大きさの種があるのかな?どうしてそんな形をしているのかな?
みんなで色々な種類の種を見つけながら、山神社へと出かけました。
最後はヒグマも大好きな甘酸っぱいヤマブドウを採って、みんなで味わいました。
☆このコースは先生方が事前に下見をして、進行してくださいました。
どうもありがとうございました。
参加者 合計 70名(うち 小学生68名、先生2名)
活動場所 葉っぱコース:グラウンド周辺
動物の痕跡コース:山神社〜岩ヶ崎坑跡
木の実と種コース:山神社
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 北川、大橋
タイムスケジュール 9:30〜11:30
Comment 北川
photos 大橋、北川
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ