2009年10月4日(日)曇りのち雨 14度 秋のハイキング
活動内容  今年の秋のハイキングは幼児から大人までと幅広い年齢で歩きました。
虫やきのこなどを見つけては、子どもたちが名前や特徴を説明してくれるという大人が感心するような場面や、小学生の子が木に登ったり、お父さんに抱っこされながらヤマブドウをとってみんなで分けて食べたりと、いくつもの発見を楽しみながら進みました。

 カマンベツにできた新しい散策道に入り、水たまりをうまく渡ったり、急な坂道を登ったりするのが冒険のようで盛り上がりました。

 途中で雨が降り、目的地の三段の滝まで行こうか、引き返そうか迷い…再び気合いを入れて歩き出しましたが、本格的に雨が降ってきたので、お昼ご飯を食べて戻ることにしました。バックアップスタッフがあったかおいしいきのこ汁を用意して待っていてくれて、心も和んだところで、帰路を出発です。子どもたちにとっては特に長い道のりと雨の中の大冒険。そんながんばる姿を見て、周りの大人も力が湧き、到着した時には充実した気持ちになりました。

ぜひまた三段の滝を目指して歩きましょう!
参加者 21名(うち 幼児7名、小学生2名、大人12名)
活動場所 カマンベツ林道
ボランティアスタッフ(敬称略) 外山、伊藤し、千葉げ、紺野ゆ、長田お、佐々木し
ふぉれすと鉱山スタッフ 北川
タイムスケジュール 10:00〜13:30
Comment 外山
photos 紺野ゆ
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ