2009年9月23日(水・祝)晴れ 木と森のあそび場(3日目)
活動内容 早いもので、あっという間に最終日を迎えてしまいました。
天気は最高の晴れ、少し汗ばむくらいの気温と秋の風が吹く、気持ちいい1日です。
屋外には、スタンプラリーをしがてら、のんびり遊歩道を歩く姿や、青空の下で森の空気と一緒にお弁当を食べる姿。3日間大盛況をいただいた「木と森のcafe」、本日も売り切れ続出、子どものために…焚き火に向かって奮闘するお父さんたちの活躍が印象的でした。

また、館内はこれまで以上におもちゃとふれあい、遊ぶ姿を多くみました。子どもたちは、知らない子でも声を掛け合って自然に一緒に遊んでいたり、遊ぶことに集中していましたね。体全体を使って遊ぶ遊具から、想像力を膨らませながら、時には頭をひねりながら遊ぶ。そして、手作りのお
もちゃだからこそひとつひとつのパーツもすべて同じ形はなく、そこから伝わる面白さもありました。

今年で3度目となった木と森のあそび場は、多くの人をひきよせています。その裏側には、多くの人に支えられることなしには開催することができないとも感じています。最後になりましたが、この場をお借りして、今回も大事な遊具をお貸しくださった伊藤英二先生、光枝先生はじめ、この取り組みを創り、支えてくださった多くのサポートスタッフのみなさまに心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました!
ご来館者 517名 大人233名、子ども284名
活動場所 ふぉれすと鉱山
ボランティアスタッフ(敬称略) 23名
ふぉれすと鉱山スタッフ 8名
タイムスケジュール 9:00開場
10:30〜木と森cafeオープン
11:30〜12:00 指人形劇
14:30〜お片付けタイム
15:00終了
Comment サンプル
photos サンプル
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ