2009年9月10日(木)-9月11日(金)
9月10日 曇り 17度
9月11日 晴れ 17度
白老町立虎杖小学校 宿泊学習 活動サポート
活動内容 白老町の虎杖小学校5年生のみなさんが宿泊学習にやってきてくれました。
二日間、いろいろな自然への挑戦を体験してもらいました。

まずは活動「自然に挑戦!」として、2コースに分かれての丸1日かけての活動です。

<川又温泉コース>
鉱山の秘湯「川又温泉」をめざし、4km以上の道のりを歩き始めました。
最初は虫が出るたびにわーっきゃーっと叫んでいましたが、だんだん慣れてくると自分から探す子、捕まえようとする子と見違えるように虫と仲良くなっていました。
疲れてきところで、ヤマブドウを発見!まだ青いけれどみんなで一口。やっぱりすっぱ〜いという声が多かったかな。
実はまだ熟していないので、茎を吸って体力回復!もう一息がんばりました。
そして川を渡って渡って温泉に到着。お昼を食べたら、まずはみんなで川遊び。と思ったけれど、今日の水は本当に冷たい。
三段の滝へ行った「たまアウ」の情報によると、水温は4oC!!川に入った瞬間に、温泉を目指してダッシュでした。
慣れてくると川遊びと温泉を交互に楽しむ子、ずっと温泉を満喫する子など思い思いで川又温泉を味わっていました。

<焚き火&川遊びコース>
まずは今日の午後遊びに行く川へ行きました。水に手をつけてみると、一同悲鳴。
9月の川は当然冷たいわけで、30秒で手が凍りつくようになりました。

なので、川遊びは暖をとりながらでないと、長く遊べません。
ということで、ドラム缶風呂を沸かすことにしました。
そのためには焚き火をする必要があるので、午前中は焚き火の練習です。
新聞紙、マッチ、木の枝を使って、グループ毎に工夫して点けてもらいました。
かなり苦戦すること1時間、3グループ中2グループが何とか着火することができました。


午後のドラム缶風呂は、午前に苦労した甲斐あって一発で着火!
火の管理をは先生に任せて川に入りました。
全身入るには勇気がいる冷たさでしたが、慣れてきたらみんなダイナミックに遊んでいました。

たっぷり冷えたあとのドラム缶風呂は気持ちよかった!

それから、2回の練習のおかげで、夕食の焚き火もばっちり点けられたとのことでしたよ。


そして、おいしいご飯を食べたら「夜に挑戦!」。夜の森を感じるために、山神社へ向かいました。
境内に上がり、虫を探したり、ペンを使った色実験を行ったりして、夜の闇の中での生き物の力を体感しました。
だんだんとみんなが野生の力を取り戻してきたところで、1人で夜の森を歩くソロウォーク。全身を使って夜の気配を感じてもらいました。


2日目の活動「石探しに挑戦!」は、みんなで銀座通り裏の川原へ。
まずは川原でお気に入りの石を探しました。キラキラ光る石、水晶の入った石、パンツ型(?)の石、穴の開いた石などなど。
これだっ!と思う石をそれぞれ選びました。
そして、次は川に入っての石探し。足だけ入って川の中の石を探すつもりだったけれど、あちらこちらでドッボーン!
石探しのはずが...全身ずぶぬれの人が多数。
戻って着替えたら、学校で作ってきたMy箱に、お気に入りの石を詰めて、コレクションボックスの完成です。


二日間、体や感覚、心をめいっぱい使って自然体験しました。
ヘロヘロに疲れたと思うけど、楽しんでもらえたかな。
まだまだ体験できることがいっぱいあるので、ぜひまた遊びに来てくださいね。
参加者 18名(小学生15名、先生3名)
活動場所 ふぉれすと鉱山周辺、川又温泉、滝ノ沢橋下の川原、、山神社、銀座通り裏の川原
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 土屋、北川
タイムスケジュール 8月26日  10:20〜15:30 自然に挑戦!
       19:50〜20:40 夜に挑戦!
8月27日  9:10〜11:45  石探しに挑戦!
Comment 土屋、北川
photos 土屋、北川
1日目<焚き火&川遊びコース>
1日目<川又温泉コース>
2日目<石探しに挑戦!>
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ