2009年9月5日(土)、6日(日)
5日:曇り 21℃
6日:雨  17℃
第6期コーザンネイチャーガイド養成講座(7、8回目)
活動内容 KoNG(コーザンネイチャーガイド)養成講座の第7、8回が開催されました。
今回のテーマは、水生昆虫と地質、フィールドワークです。

5日は、「鉱山を知るD水生昆虫」です。まずは、水生昆虫とは?というところからお話を聞き、水中の世界の想像をふくらませたら、いざ川へ!
みんな夢中になり、石をめくったり、網で探ったりして水生昆虫たちを採集しました。

お昼からは捕ってきた虫たちの同定作業をおこないました。
カワゲラ、カゲロウ、トビケラ、プラナリア、ヘビトンボなどなど、かわいいかわいい昆虫たちがいることがわかりました。
そして、専門的な図鑑や顕微鏡を使って、種の特定に挑戦しました。
えらの模様や腕の形状など細かくてマニアックな部分を見分けて何種類かの種名の特定ができました。

6日の午前は、「鉱山を知るE地質」です。
登別の東部と西部の地質の違いやクッタラ火山、化石林の話を聞き、外へ。
小雨降る中でしたが、施設周辺の崖の土や川原の石、湧き水を観察しました。
そして、室内に戻り、各自、鉱山地区の地面の下の物語を推察し、絵に。
各自が感じ取った地面の物語を発表し合い、なかなか見ることのできない地面への思いをつのらせました。

6日の午後は、「フィールドワーク 三段の滝」です。
鉱山周辺のガイディングポイントを知るために、普段あまり行くことが難しい三段の滝へ向かいました。
ガイドをするには楽しみ方を知らなければ!!ということで、思いっきり川遊びを実践。

滝つぼにつかったり、滝を滑ったり...さすがにもう水も冷たい季節ですが、全身水に入って三段の滝を体感しました。


次回は、9月5日。両生類・は虫類、動物がテーマです。
参加者 5日:KoNG受講生3名、聴講生4名
6日:KoNG受講生4名、聴講生3名
活動場所 ホール、図書室、精錬所跡川原、施設周辺、三段の滝
講師 戸島氏(5日水生昆虫講座)
荒川氏(6日地質講座)
ふぉれすと鉱山スタッフ 遠藤、土屋
タイムスケジュール 5日10:00〜15:00
6日9:00〜15:00
Comment 土屋
photos 土屋、遠藤
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ