2009年8月29日(土)晴れ 20度 ふぉれすと鉱山流里山づくり 森の手入れの日〜森のあそび場づくり〜
活動内容 今日のふぉれすと鉱山流里山づくりは、『森のあそび場』をつくる日です。
ふぉれすと鉱山の敷地内の森で、最近ササ刈りをした場所があり、その場所をきれいにしてあそび場にしていきます。

参加者は子どもが多いので、遊びをしながらきれいにしていきました。
森に入る前に、みんなに森の住人になるためのアイテムを付けてもらいます。
周りにたくさんあるササを拾い集め、ロープに葉っぱを通して葉っぱベルトと葉っぱの帽子を装着。
みんな森の住人になってから、森に入りました。
今日はササ遊びとブランコづくり。
ササをたくさん集めてきてパキパキなる『パキパキトランポリン』をつくり、みんなで飛び跳ねていました。
そして、斜面をのぼった先にいい感じの木があり、ロープと丸太をくくりつけ、ブランコをつくると、子どもたちが一気に集まりました。
午前中はササで遊んだり、ブランコで遊んだり、木に登ったり、たっぷりと森で遊び、炊事棟へ戻っておやつタイム。

今日のおやつはとうきび。
たき火を使って、ゆでとうきび・焼きとうきび、どちらか好きな方を選んでモグモグ食べていました。
焼きたて・ゆでたてのとうきびはとーっても甘かったです。

とうきびと一緒にお昼ご飯も食べ、午後からの活動に。
子どもたちは引き続きブランコ遊びと木登りや遊歩道にお散歩に出かけたり、木のアスレチックで遊んでいました。
大人の方々は6月に植えた木の周辺の草刈りやササ刈りをし、気持ちのいい汗を流していました。

今日も一日ありがとうございました。

ふぉれすと鉱山の森では、植樹をして木を育てていくエリアや森の中で遊べるエリア、くつろげるエリアがあり、色々な人が楽しめる森をつくっていきます。
自然を身近に感じてもらい、その自然を次の世代やその後の代まで残していってほしいです。
ふぉれすと鉱山流の里山づくりは『みんなで楽しく!!』活動していきます。
来月もまた楽しく里山づくりをしていきましょうね。
参加者 合計 35名(子ども19名、大人16名)
活動場所 遊歩道周辺、炊事棟前
ヂカタビレンジャースタッフ(敬称略) 吉田し、福澤
ふぉれすと鉱山スタッフ 大橋
タイムスケジュール 10:00〜14:00
Comment 大橋
photos 大橋
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ