2009年8月26日(水)-8月27日(木)
8月26日 晴れ 19度
8月27日 雨 17度
室蘭市立地球岬小学校 宿泊学習 活動サポート
活動内容 夏休み明け最初の宿泊学習は地球岬小学校の5年生でした。
二日間、めいっぱいダイナミックな自然体験を楽しみました。

1日目の昼間の活動「1日まんきつ自然体験!」は、3コースに分かれての活動です。

<川又温泉コース>
鉱山に秘湯「川又温泉」をめざし、4kmもの道のりを歩き始めました。
黙々と歩くのもいいけれど、せっかく自然の中を歩くので、自然をもっと見てもらおうとカードを配布。
「青を探せ」、「三角を探せ」、「トンボを捕まえろ」などなどの課題をもとに、地面や草むら、木の上をじっくりと眺めながら、川又温泉への林道を楽しみながら進んでいきました。
そして川を渡って渡って温泉に到着。まずはみんなでひとっ風呂。
お昼を食べたら、川遊びと温泉を交互に満喫しました。

<三段の滝コース>
19名の子ども達と三段の滝目指して出発しました。
出発して間もないうちから「疲れた〜」の声。「まだまだこれからだよ〜!」と声をかけつつ、ずんずん進んでいきました。
ヤマブドウの茎をかじって、ブドウの味?を試してみたり、グリーンタフをさわってみたり、水たまりにおたまじゃくしも発見したね。
だんだん登りがきつくなってきて、「あと何m?」「あと何分で着く?」とみんな早く着きたいご様子。片道4kmのじゃり道は予想以上に大変なものだったようです。
やっと三段の滝に到着!お昼をしっかり食べて待ちに待った滝遊びの時間です。
滝の岩肌でおしりすべりをしたり、滝壺に入って冷たい水のなかで耐久レースをしたり、岩から飛び込んだり。なんとマイペースに釣りをしている子もいました。
たくさーん滝で遊んで、みんな大満足。帰りもがんばって歩いて無事にふぉれすと鉱山に着きました。

<ふぉれすと鉱山コース>
ふぉれすと鉱山周辺のコースは、グラウンド周辺で自然体験。
遊歩道をまわったり、焚き火をしたり、野草茶をつくったり…
ほか2コースが体を張った自然体験だったのに対し、技を使って自然を楽しみました。



そして、夜の活動「暗闇の中で自然体験!」は、2方面にわかれて夜の自然を体感しに出かけました。
<山神社コース>
夜の森の闇を感じるために、山神社へ行きました。女の子たちは最初からすごく怖がっていたので、「だいじょうぶ。リラックスして落ち着いたら、夜の森の自然の音が聞こえてくるから、怖くないよ。」と話して、みんなで深呼吸。
落ち着いてから森の奥へ進み、まず色実験をしました。
そしてさらに奥へ進み、1人きりで夜の森を歩くソロウォーク。ほぼ全員が1人きりで歩ききったので、その度胸にこちらがびっくりしてしまいました。
「怖かった〜」「おもろかった」など感想はさまざまでしたが、何かが心に残ってくれたらいいなと思いました。

<不動の滝方面林道コース>
林道コースも怖がる子が多かったので、まずは耳をすまして夜の音をみんなで聞いて落ち着いてから出発。
林道を奥へ進んだ所でペンを使った色の実験。みんなの目が少しずつ野生の目に近づいてきたら、1人で歩くソロウォークを実施。
こちらは2人組みで歩く子ほほうが多かったかな?
暗闇の中を歩き、夜の森をめいっぱい感じてもらいました。普段経験できない感覚や気持ちを感じてもらえたかな?


2日目の活動「川にどっぷり自然体験!」は、昨日とは違って、みんなそろっての川遊び。
あいにくの曇り空スタートだったけれど、みんな元気。
「寒い!」「冷たい!」という悲鳴をよそに、川にどんどん入っていきました。
飛び込んだり、チューブで流れたり、水のかけあいしたり...だんだんと雨が強くなってきたけれど、そんなこと気にせず思い思いの遊びを楽しんでいました。
しかし、さすがに寒いっ!温かくて、あま〜いお茶が大人気でした。


二日間、体中を使ってダイナミックに自然体験しました。
まだまだ体験できることがいっぱいあるので、ぜひまた遊びに来てくださいね。
参加者 49名(小学生44名、先生5名)
活動場所 ふぉれすと鉱山周辺、川又温泉、三段の滝
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 土屋、笠間
タイムスケジュール 8月26日  10:00〜15:00 1日まんきつ自然体験!
       19:00〜20:00 暗闇の中で自然体験!
8月27日  9:15〜11:15  川にどっぷり自然体験!
Comment 土屋、笠間
photos 土屋、笠間
川遊び
川又温泉
三段の滝
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ