2009年8月22日(土)−23日(日)
22日 晴れ 25度
23日 晴れ 24度
NPO法人子育て応援かざぐるま「パパママちびっこ講座2009」
活動内容
毎年、札幌から乳幼児の親子と一緒に川遊びにお泊まりで来てくださっているかざぐるまの皆さん。
2日間とも絶好のお天気で川遊びを満喫してもらいました。

【1日目】
この時期に頻繁にやってくる大雨がおととい鉱山にもやってきて、川が若干増水中なので、ちょっと浅めの場所に行きました。
川に到着後、目の前に急流が出現。
目的地は対岸の浅めの川原だけれど、流れが急で子どもだけでは渡れない。
そこで、急きょ登場した『お父さんお母さんの橋』。
バケツリレーのように子どもたちをどんどん送っていき、無事に対岸まで移動できました。
目的地の川原では、ちゃぷちゃぷ遊んだり、タイヤチューブでプカプカ流れたり、親子で一緒に川遊びを楽しんでいました。
今日の川遊びで、すこしは川に慣れたでしょうか?
明日はどんな遊びをしましょうかね?

【2日目】
今日は前日と違う川で川遊び。
前日にどういう遊びをしたいか話し合ったようで、「流れたい」・「箱メガネで水中を覗きたい」という要望が出てきたので、満足するまでその遊びをしました。
今日の川は流れも速く、足がつかないくらいの深みもある川で、みんなちょっと緊張気味?
と思いきや、前日の川遊びで川に慣れたので、どんどん川に入っていきます。
何度もタイヤチューブに乗る子がたくさんいる中、子ども以上にお父さんお母さんも、タイヤチューブやライフジャケットだけで流れたり、岩からのジャンプにチャレンジしたり、全開で遊んでいました。
寒い子はドラム缶風呂に入って温まったり、時間を忘れるくらい川原にいました。

2日間とも川で遊びまくっていたみなさん。
どうもありがとうございました。
今回はいつもと違う川にご招待しましたが、いかがでしたか?
来年の川あそびはどんなことしましょうか?
楽しみにお待ちしています。
参加者 合計 35名(うち 幼児10名、3歳以下5名、大人20名)
活動場所 22日:銅精錬所の川原
23日:滝の沢橋下の川
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 吉元、大橋
タイムスケジュール 22日 13:00〜16:00
23日 9:30〜11:30
Comment 大橋
photos 吉元
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ