2009年8月8日(土)晴れ  21度 コーザン・スペシャルウィークinサマー第2日目
活動内容
コーザン・スペシャルウィーク、2日目です!
朝は怪しい雲行きでしたが、しっかり暑くなり、今日も「夏スペ」という感じになりました。
まずは10時からの「夏の水生昆虫さがし!」。川の中に住む生き物探しに出発!ばっちり装備をつけて、つめたぁ〜い水の中で、にょろにょろした虫やぴょんぴょんはねる虫…トビケラ・カゲロウ・カワゲラ・ヤゴの仲間と出会いました!

そして同じく10時30分からの「夏のお散歩」では、多くの参加者の方にお集まりいただいたので、2コースに分けてお散歩を楽しみました。
1コースは、のんびりコース、遊歩道を歩き、かっぱかっぱ広場を目指しました。
もうひとつのコースは、涼を求めて、水辺を見に行くコース。
途中、オオバコ相撲を楽しんだり、アマニュウの花の大きさに感激したり、いろんなにおいをかいだり、とお散歩を楽しみました。

12時からの「夏を感じる流しそうめん」は大盛況で、予約開始とともに定員に達してしまいました。
夏の日射しを受けながら、涼を感じつつ、お腹もいっぱいに。
たまに流れてくる白玉団子に子どもたちは大興奮!大好評のうちに皆さん満足して終わりました。

13時からの「ともこおねえさんのみずでぐるぐるマーブリングうちわ」も大盛況、こちらも瞬く間に定員オーバーに。
バットの水の中に水玉模様やぐるぐる模様、不思議な模様...みんな色んな模様が画用紙に写りました。
そしてその画用紙をうちわに貼り付け、みんなカラフルなマイうちわの完成です!!

同じく13時からの「リバートレッキング」は、上級編ということで、中学生と大人を対象にして、昨日よりもハードなコースにチャレンジしていただきました。
急流や深みではどっぷりと水に浸かりながら、川を遡って行きました。
歩いている途中から広がった晴れ間。
川の水の透明感、川辺に茂る木々の緑、頭上に広がる青空...水辺の自然の美しさを感じていただけたでしょうか。

夜には「夕涼みハイク」。親子連れのみなさんと小学生のみなさんに参加していただきました。
河原に向けてお散歩しました。
ヤマブドウの木やカツラの葉っぱのにおいなど、興味しんしんなものがいっぱい。
河原に着くと川の水をさわったり、石を渡ったりしました。
最初川を怖がる子もいましたが、おやつのゼリーを冷やすために全員が河辺にいき、夕涼みを楽しみました。

そして昨日に引き続き今日もかっぱかっぱひろばは大盛況。
タイヤチューブに乗って流れたり、ライフジャケットのまま流れたり、岩からダイビングしたり、箱メガネと網で魚を捕まえたり、みなさん川遊びを楽しんでいました。
明日もかっぱかっぱひろばでは川遊びやり放題です。
みなさんぜひ遊びに来てください。


本日もたくさんのご来場ありがとうございました!
そしてサポートいただいたたボランティアスタッフの皆様もありがとうございました!



最終日にもいろいろなプログラムがありますので、お誘い合わせのうえぜひぜひご参加ください。
参加者 253名(幼児62名、小学生92名、中学生10名、高校生3名、大人86名)
活動場所 ふぉれすと鉱山、ふぉれすと鉱山周辺
ボランティアスタッフ(敬称略) 18名(学生3名、大人15名)
ふぉれすと鉱山スタッフ 7名
タイムスケジュール 10:00−15:00 夏の水生昆虫さがし!、夏のお散歩、夏を感じる流しそうめん、ともこおねえさんのみずでぐるぐるマーブリングうちわ、リバートレッキング上級編
17:30−19:00 夕涼みハイク
Comment 土屋、遠藤、吉元、北川、大橋、辻
photos 土屋、吉元、大橋、笠間
ともこおねえさんのみずでぐるぐるマーブリングうちわ
かっぱかっぱ
夏の水生昆虫さがし!
夏を感じる流しそうめん
夏のお散歩
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ