2009年8月1日(土)〜3日(月)
1日 曇り小雨 17度
2日 曇り 18度
3日 くもりのち晴れ 20度
ガールスカウト北海道支部キャンプ 活動サポート
活動内容 北海道各地、それ以外にも本州、そして、海外から韓国とアラスカから総勢76名のガールスカウトの方々がふぉれすと鉱山に来てくれました。

自然体験や共同生活を通して、3カ国のガールスカウトの交流を深めるというねらいの2泊3日のキャンプ。

1日目はガールスカウト主動で仲を深めるプログラムをやっていて、楽しげな声が館内に響いていました。

2日目はたっぷり鉱山の自然を満喫する一日。
午前・午後かけての1Dayハイク、三段の滝コースと川又温泉コース、午前と午後に分かれて施設周辺で楽しむコースの3コースに分かれて、活動しました。
それぞれのコースで皆さん楽しんでいた様子です。

【1Dayハイク】
<三段の滝コース> (text.土屋)
小雨が降ったり止んだりの中、19人のメンバーは三段の滝コースへ。
黙々と歩いたり、歌を歌いながら歩いたりとお国柄(?)を出しながら4kmを進みました。
そして三段の滝に到着。
お昼を食べたら、川遊びを満喫。とは言っても気温が低く、水温も低かったため、川に入るのをためらう人も...
でもせっかく来たからということで、半分近くの子は全身ざぶんといきました。
そして、三段の滝といったらウォータースライダー。思いっきりすべって楽しみました。

<川又温泉コース> (text.笠間)
3カ国入り乱れての秘湯・川又温泉をめざすコース。
さいしょの行く準備の段階で遅れたスタートになってしまいましたが、それを挽回すべくずんずん歩いていきます。
途中ササ笛や草笛をしたりミツバを味わいながら、林道の上り坂もなんとか越えてカツラの広場に到着。
お昼ごはんを食べたら、いよいよ温泉まであと少しです。
川を3回わたり、みなさん慣れない山道をやっと抜けると、川又温泉に到着!
シークレット・ホット・スプリングは大人気で、ゆっくり浸かって思う存分体を休めていました。
すぐ目の前の川では流れがあるところでおしりすべりを楽しんでいましたが、冷た〜い水にみんなキャーキャー言いながら遊んでいました。
帰りはササ藪をこぐ1本道を歩きながら、3ヶ国語でいろんな話をしました。
みなさん往復8kmの道のり本当にお疲れ様でした!

【午前・午後選択プログラム】
<木工クラフト。
施設周辺にあった倒木などを活用して、マイはしとマイ木槌をつくりました。
人気だったのは、マイはし!
使いやすい細さにするまでナイフで削り、最後はやすりできれいに磨いていました。
コツをつかんだのか、マイはしを大量生産する人もいました。
それ以外にも、クラフトルームにあった魅力的な材料にひかれ、まな板を作ったりもして、木のぬくもりに触れあっていました。
今日作ったものは大切にしてくださいね。

<川遊び>
午後からは近くの川に行き、川遊びをしました。
それにしても、今日の川は冷たかった。
にもかかわらず、ライフジャケットでプカプカ浮いたり、タイヤチューブで流れてきたり、岩からのジャンプをしたりと、川遊びを満喫していました。

それ以外にもガールスカウトのリーダーが<草木染め>と<川原できれいな石探し>もしました。
色々なコースで鉱山の自然遊びを楽しんでいたようです。

3日目は前日の夜に練習していた出し物を披露しました。
3日間色々な人と交流して過ごした皆さん。
とても楽しそうな顔をしてふぉれすと鉱山を出発していきました。

3日間ありがとうございました。
またぜひふぉれすと鉱山に来てください。
参加者 合計 76名(うち 中学生26名、高校生30名、大人20名)
活動場所 2日 川又温泉、三段の滝、精錬所の川原、滝の沢橋下の川原、ふぉれすと鉱山周辺
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 大橋、笠間、土屋
タイムスケジュール 2日 9:30〜15:30
Comment 大橋、笠間、土屋
photos 大橋、笠間、土屋
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ