2009年7月11日(土)曇りのち雨 18度 北海道国際交流センター 活動サポート
活動内容 (財)北海道国際交流センターの事業で、函館大学の学生さんとアメリカからの留学生さん23名が鉱山の自然体験に来館されました。
MTBコースとリバートレッキングコースに分かれました。

リバートレッキングコースでは、水着を着込んでいる方から着替えがないという方まで色々でしたが、そんなの気にせずに精錬所跡から滝ノ沢の川原までどんどん進みました。
お国柄なのか、たまたま着替えの準備の差なのか、めいっぱい川に入る留学生といかにぬれずに歩くかという日本の学生というおもしろい対比が見られました。中にはほとんどぬれずに歩ききった強者(?)もいました。

滝ノ沢に到着したら、焚き火にあたったり、お茶を飲んだり、飛び込んだり、流れたり...しました。

この鉱山での自然体験が、日本の思い出のひとつになれば、と思います。
参加者数 23名(大人23名)
活動場所 精錬所跡川原〜滝ノ沢川原
スタッフ 北川、大橋、笠間、土屋
ボランティアスタッフ(敬称略)
タイムスケジュール 10:00〜12:30
Comment 土屋
photos 土屋、笠間
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ