2009年7月7日(火)-7月8日(水)
7月7日 晴れ 14度
7月8日 雨のち晴れ 15度
登別市立鷲別小学校 宿泊学習 活動サポート
活動内容 鷲別小学校の5年生の皆さんが宿泊学習でやってきました。
2日間、ふぉれすと鉱山周辺でいろいろと自然体験する内容です。

昼食をふぉれすと鉱山でとった後、川あそびコースとたき火コースの2コースに分かれて、活動スタートしました。
久々のお天気に恵まれ両コースとも楽しんでいた様子です。

<川あそびコース>
「全開!川あそびコース」は、滝ノ沢で名前の通りにめいっぱい川遊び。
岩の上から飛び込む子、チューブに乗って流れる子、きれいな石や魚を探す子、みんな思い思いの遊びを楽しんでいました。
夏とは言っても川の水はやはり冷たい...終わりの頃には体がぶるぶるとしている子もちらほら。
でも、焚き火コースが沸かしておいてくれたドラム缶風呂に入って復活!
「まったり焚き火コース」のみんな、ありがとう!!

<たき火コース>
「まったりたき火コース」では2つの目標を設定しました。
1つ目は川あそびコースのみんなのためにドラム缶風呂を沸かすこと。
もう1つはたき火と施設周辺の植物を使って野草茶をつくって飲むことです。
まずは火おこしに挑戦しました。
シラカバの皮と乾燥したササの葉を着火剤にして、集めてきた小枝や太めの枝を燃やします。
最初は苦戦していたけれど、あせらずじっくりと大切に火を育てていき、大きな火になりました。
火おこしが完了後、お水を汲んできてお風呂を沸かす作業に移ります。
その間、ドラム缶風呂を沸かす班と野草茶の材料となるクマイザサを集める班に分かれました。
ドラム缶風呂が沸き、野草茶を作り始めようとしたその時に...
川あそびコースのみんなが帰ってきました。
ドラム缶風呂をふるまいつつ野草茶をつくり、最後はまったりと野草茶を堪能しました。

次の日はあいにくの雨...
でしたが、みんなは外に行く気マンマン!
この日も2コースに分かれて、まだまだ自然遊びを体験しました。

<ネイチャークラフトコース>
ネイチャークラフトコースは、昨日の体を使った自然体験とは異なり、「心」を使った自然体験に挑戦。みんなのセンスが輝くフォトフレームを作りました。
まずは、外に出て材料集め。雨の中、カラマツ林で、台座になりそうな枝や飾りつけになりそうな実や葉を拾い集めました。
そして木工室に戻りホットボンドや麻ひもを使って台座作りと飾りつけ。凝った台座を作る子、麻ひもと悪戦苦闘する子、ホットボンドで文字を書く子、花や実や葉などカラフルなフレームを作る子など、みんなの個性あふれるフォトフレームが完成しました。

<鉱石アクセサリーづくりコース>
雨が降っていても鉱石を探しに行きたい!!
みんなの気持ちはもう決まっていました。
雨の中の鉱石さがしが始まりました。
ゴロゴロ転がっている石の中にキラキラ光るものが眠っている。
鉱石ハンマーを使って気になる石をたたき割ります。
キラキラ光るものを見つけた時のみんなの目もキラキラ光っていました。
探した中でひとつだけ選び、小さくして持ち帰りました。
ふぉれすと鉱山に戻ってきてから、針金を使ってアクセサリーづくり。
鉱山町の自然で見つけた『宝物』、大切にしてくださいね。

自然の中でいろいろ体験した2日間。
でも、鉱山町の自然はもっともっといろんなことが体験できます。
なので、またぜひ遊びに来てください。
参加者数 60名(小学生54名、先生6名)
活動場所 7月7日 滝の沢橋下の川、ふぉれすと鉱山周辺
7月8日 ふぉれすと鉱山周辺
スタッフ 7月7日 大橋、北川、土屋
7月8日 大橋、土屋
ボランティアスタッフ(敬称略)
タイムスケジュール 7月7日 12:30〜15:00 川あそび、たき火
7月8日 9:10〜11:00 ネイチャークラフト、鉱石アクセサリーづくり
Comment 大橋、土屋
photos 大橋、土屋
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ