2009年6月14日(日) 曇りのち小雨 13度 第3回B−NAGカヌー研修ツアー
活動内容 鉱山町は昨日から結構な雨がふり、当日の朝も雨でした。午前6時、判断の時間です。現地の星さんより「天気は悪いが風はなく、コンディションに問題なし」との連絡、決行です。
モモくら号で移動開始、現地に近づくとだんだんと雨が上がり期待がふくらむ。湖面は穏やか、やる気が出てきた。

星さんの待つ湖畔に着く。早速、各自着替えてスタンバイOK、カヌー2艇キィウィー2を2艇をレンタルして、いよいよ講習の始まりです。星さんから洞爺湖の風の特徴など教えていただき、そして、バランスの取り方や乗り移り方、パドルの操作など、カヌーを操るために最低限必要な講習を受けた。実際に乗ってパドルを操作し、旋回の際のパドル操作、2人の最良のコンビネーションの取り方などを学んだ。
さぁー、始まりです。それぞれが艇を選び、みんなで湖に出た。天気は曇り空ながら、まずまずのコンディションだ。星講師から適切なアドバイスを受けて、目指すは浮き御堂を巻き、少し先の岸までパドルを操り、鉛色の湖面を滑るように?進む。最初はなかなか思い通りにカヌーを操る事が出来ない場面もあったが、だんだんになれて楽しさが増す。往復1時間の湖面での講習、皆さんは確かな感触を得ることが出来たと思います。

さて、終わり頃には雨も降り出し、天候の回復見込みなしで次の行程に移ることになった。多少の時間調整のため早めの昼食タイム、その後洞爺財田自然体験ハウスの見学、立派な建物や展示物に感心しきりでした。
次にいったのは、洞爺湖芸術館です。ここはたくさんの谷崎潤一郎氏、有島武郎氏などの文学者の初版本や彫刻家で画家の砂澤ビッキ氏絵画や彫刻が展示されているところです。なかなか見応えのあるところです。

今回の研修ツアーの内容はカヌー体験はもとより、体験ハウス、芸術館の企画は本番でも使えそうなプログラムではなかったかと考えます。

今回はカヌーの手配から、芸術館の手配まで星さんにやっていただきました。お陰様でいい研修となりました。
参加者 長田お、福沢、高木、長田た、伊藤よ(順不同)
コーディネーター 吉元
ガイド兼講師
スタッフ 松原(車運転)
タイムスケジュール

6:40 ふぉれすと鉱山出発
8:25 洞爺湖畔
9:00〜9:45 カヌー講座
10:00〜11:00 実践
11:20 水の駅で昼食、休憩
13:15 休憩
12:25〜13:00 財田自然体験ハウス
13:05〜13:50 洞爺湖芸術館
14:10 終了・帰着
16:15 ふぉれすと鉱山着

活動場所 洞爺湖
Comment 松原
photos 松原
←財田自然体験ハウス
洞爺湖芸術館↓
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ