2009年6月4日(木)くもり 12度 室蘭市立蘭東中学校1年生総合学習活動サポート
活動内容 学校のある知利別町と、ここ鉱山町。
自然や歴史にどんな違いがあるのでしょうか?
事前に学校の周りの自然や歴史について学んできた皆さんが、今日は鉱山町の自然や歴史を調べにやってきました。

発見した違いや共通点から、自分達の住んでいる地域を見直してもらおうというのが今日の活動の狙いです。

3コースに分かれて、こんな活動をしました。

<草花コース 担当:遠藤>
鉱山にある植物って、校庭の植物と違うの?
まずは、葉っぱをみるために、葉っぱ探しをしました。
また、班ごとに分かれて草花を集め、
センターに戻って、図鑑を使ってじっくりを調べました。
それぞれの草花の特徴に、みんな興味しんしんでした。
また、クマザサの新しい葉っぱと美味しそうなミツバとフキを採取して、野草料理に挑戦しました。
食べた野草の味はどうだったかな?


<昆虫コース 担当:北川>
虫ってどこで暮らしているんだろう?
そんな問いかけから始まった昆虫コース。
皆さんの答えに出てきた、森、草原、川(流れの速いところ、遅いところ、ないところ)の5箇所で虫を探しました。

まずは森と草原とに分かれて虫探し。雨上がりで気温も低かったのですが、見たことのない虫もたくさん見つけることができました。
続いては、川へ。とにかく冷たい川に驚きながらも、熱中して採集していました。

施設に戻ったら、じっくりと観察。
確かに、環境によって虫の種類が違うことがちゃんと発見できました。
ちょっとした環境の変化ですぐに済めなくなってしまう虫たち。
みなさんの周りの環境は、どうでしょうか?


<歴史、鉱石コース 担当:笠間、土屋>

まずは館内で鉱山町の歴史にすこし触れ、「黄金のマチ」幌別鉱山のお宝をのぞいたあとは外の歴史を感じる場所へGO!
銀座通りや友子の碑、軌道跡、馬頭観音で100年前の鉱山町に思いを馳せました。
そしていよいよ鉱山の要、鉱石さがしへ。
岩ヶ崎抗で鉱石を割る練習をはじめると、子どもたちはすぐに熱中。
つづいて本番のずり捨て場へ。
練習の成果か、みんな次々にキラキラのお宝を発見していました。
昔からの大事な資源、大事にしてくれるとうれしいなぁと思います。
参加人数 合計 70名(うち 中学生66名、大人4名)
活動場所 草花コース:銀座通り〜牛舎奥林道入口
昆虫コース:遊歩道周辺/精錬所川原
歴史、鉱石コース:馬頭観音、銀座通り、ズリ捨て場、岩ヶ崎坑跡
スタッフ 北川、遠藤、笠間、土屋
ボランティアスタッフ(敬称略)
タイムスケジュール 10:00〜12:00
Comment 北川、遠藤、笠間
photos 北川、遠藤、土屋
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ