2009年5月24日(日)晴れ 18度 第2回こうざんちょう・森のようちえん「るんるん 春のお散歩」
活動内容 昨日までの雨も上がり、からっと晴れた鉱山町。
お花も 森も 木も 虫も みんな笑っているみたい。
みんなで築山の上に上ってみると、山の緑もぐぐっと濃くなって、いのちの力がみなぎっているのを感じます。
そんな春のいのちを探しに、みんなでふぉれすと鉱山の近くへお散歩に出かけました。

耳を澄ませば(いや、澄まさなくても)聞こえるセミの大合唱。
森の木を良く探してみると・・・見つけました、セミの抜け殻。
半透明できらきらした抜け殻に、みんな釘付けになりました。

釘付けになるだけじゃなく、たくさんとって手に乗せたり。
服につけてみたり。
フキの葉も大きくなってきたみたいで、傘にして歩きます。
おっきなたんぽぽ集めてみたり、ナメクジを恐る恐るさわってみたり、葉っぱの出始めた栗の木にぶらさがったり。
たっぷり歩いて、たっぷり遊んだら、お弁当の時間。
お外のテーブルでわいわいと食べました。

午後からは水溜りで泥んこ遊びが始まったり、お散歩の最後に摘んだよもぎを使ってクレープを作ったりして楽しみました。
たっぷり遊んで、たっぷり食べて、今日の森のようちえんはおしまい。
春のちからを、たっぷり感じることができたかな。

次回6月の森のようちえんは「どろんこ土遊び」。
全身思いっきり泥だらけ、土だらけになって遊びますよ。
もちろん、お父さん、お母さんも!!
着替えをしっかり持ってきてくださいね〜
参加者数 合計 21組62名(うち 3歳以下3名、幼児30名、小学生8名、大人21名)
活動場所 ふぉれすと鉱山周辺
森ようスタッフ(敬称略) 外山、辻、古瀬、鷲見
ふぉれすと鉱山スタッフスタッフ 北川、笠間
タイムスケジュール 10:00〜14:00
Comment 北川
photos 笠間、古瀬、北川
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ