2009年5月20日(水)快晴 18度
2009年5月21日(木)晴れ 18度
北広島広葉中学校2年生宿泊学習
活動内容 ここふぉれすと鉱山に、今年度もいよいよ学校対応のシーズンがやってきました。
年度が始まって第1校目は、北広島広葉中学校のみなさんが来てくださいました。
今年は、先生の熱いご要望を受けて、昨年度初めて実施した「コーザン流アウトドア自前住食体験」をバージョンアップさせての活動となりました。
そう!自然の材料を使っての家づくりがメインの活動です。

はじめにスタッフから今日の活動の説明があったとき、先生からどんなことをやるのか知らされていなかった子どもたちからざわめきの声が…。でもすぐあとには「楽しそう!」「やってみたい」とみんなやる気満々でした。
外に出て、さっそく家づくり開始。木の枝や丸太、イタドリ、ササや葉のついた枝をうまく組み合わせて、ドーム型や三角形、あえて屋根のない家(!)などなどいろんな家が出来上がってきました。

夕方ですべての班が素敵な家を完成!
いっぱい作業したのでお腹がペコペコですが、これからは夕食づくりです。
火を起こして飯ごうでご飯を炊き、カレーライスを食べました。

そして、夜の時間はナイトハイクに出かけました。
森に行くコースは、野生の感覚を呼び覚まして暗闇を感じてもらおうと、山神社へと向かいました。
真っ暗な夜の森はみんな初めて。シーンと静かに耳を澄ますとシカの鳴き声が聞こえました!
ろうそくの火や色紙を使い、夜の目の見え方を体感しました。
川に行くコースは夜の動物に会いに行きました。途中カエルの鳴き声に耳を澄ませながらそろり、そろ〜り進みます。
目的地の川原に到着。超音波を感知する機械とライトを使って、なんと、コウモリを観察します。
運よく今回は2、3回ほど確認することができ、子どもたちには初めての経験になったようでした。

夜の活動も終わり、いよいよ自分たちが作った家で就寝します。満天の星空を眺めながら眠りに落ちて…よく眠れたかな?
次の日は朝5時半に起床。朝方は2℃ほどまで下がったようでしたが、もっと早く日の出とともに起きている子もいました。
朝ご飯をすませ家のスケッチを描いたら、いよい家の解体です。
たった一晩だったけど風や寒さから守ってくれた家を、きれいにばらして自然に還します。

最後はまとめの時間。この2日間の共同生活、共同作業のなかで自分が感じたこと、よかったこと、いやだったこと、そのとき自分はどうしたか?などをじっくり静かに振り返りました。

今回のねらいは、「共同生活、共同作業を通して互いに協力し、人間関係の構築を学ぶこと」。
どんな形の家をつくるのか、場所はどこにするのか、意見がまとまらず班ごとで結論を出すのが難しかったところや、うまく作業を分担して作っていく班など、みんなそれぞれ。
過程でいろんなことを感じながら作業をしていく様子が見られました。

仲間と作った家づくりはいかがでしたか?
先生がこめた熱い想いがみんなに伝わって、これからの学校生活の中で一つのきっかけになるといいなぁと思っています。
来てくれて本当にありがとうございました!
また来年もスタッフ一同お待ちしています。
参加人数 計 89名(うち 中学生81名、引率7名、カメラマン1名)
活動場所 グラウンド、炊事棟、ホール、トドマツ林、もんきーパーク
ナイトハイク:山神社、滝の沢
ふぉれすと鉱山スタッフ 北川、笠間、土屋、大橋
タイムスケジュール 20日 10:00 ふぉれすと鉱山到着、入館式
    10:30 プログラム説明
    11:00 家づくり開始(設計図作成、作業)
    16:30 家づくり終了
    17:00 夕食作り、夕食、片付け
    19:30 ナイトハイク開始
    21:00 ナイトハイク終了、就寝準備
    22:00 就寝

21日 5:30 起床、朝食、家のスケッチ、炊事道具片付け
    8:00 家の解体作業
    10:00 まとめ
    10:15 退所式  
    10:30 ふぉれすと鉱山出発
Comment 笠間
photos 北川、土屋、笠間
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ