2009年5月16日(土)晴れ  16度 第1回もりもり森ン子くらぶ
活動内容 快晴の下、3年目のもりもり森ン子くらぶがはじまりました!
初回の今日は、子どもたちは「食べられる草」山菜を採ってくる、そしておやつに入れて食べる!という目標をかかげ出発!
まずはなにかを“見つける”練習。石や木などをすばやく見つけ、カキドオシをじっくり見て探します。
だんだん探すことになれたころ、いよいよ本番。目標物は、アサツキとミツバとヨモギです。
間違えずに採るために、練習と同じようにじっくり見て探しはじめました。
「あっ!あった!!」「これ、そうでしょ。」カゴいっぱいになるまで、みんな夢中で集めました。
途中、アリがえさを運んでいるのを観察したり、お花を摘んだりしながら、いろいろなものに興味を持って春を楽しみました。
近くの河原まで探検したあとは、お父さんお母さんの待つふぉれすと鉱山へ。

そして大人の活動は、焚き火でおやつづくり。今日のメニューはじゃがいもとひき肉のポテトアンナチリと春雨スープ。
火おこしの得意なお父さんがすんなり起こして、ご夫婦で火の当番をしている間、お母さんたちが手際よくスムーズに材料を用意。
火にかけたあとは子どもたちの帰りを待ちながら、みんなでおしゃべりを楽しみました。

スープには子どもたちが採ってきたアサツキとミツバがたくさん入ったので、美味しく出来上がりました。
最後にシートを広げておやつタイム。簡単な自己紹介と今日の活動をお互いに紹介しあいながら、美味しくいただきました。

参加者のみなさま、ご参加ありがとうございました!
来月は子どもの活動が「ツリーハウスで木登り」、大人の活動は今日採ったヨモギをつかって「ヨモギ団子づくり」です。たくさんのご参加お待ちしております♪
参加者 合計 21名(うち 3歳以下2名、幼児8名、大人11名)
活動場所 食堂、炊事棟周辺、グラウンド、銀座通り、周辺の河原
森ン子チームスタッフ(敬称略) 庄司ふ、福澤
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 笠間
タイムスケジュール 10:00−12:00
Comment 庄司ふ、笠間
photos 福澤、辻
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ