2009年5月16日(土)晴れ 約15℃ ふぉれすと鉱山流里山づくり『木と背くらべの日』
活動内容 現在、ふぉれすと鉱山で行っている里山づくり。
植樹や森の手入れ、森林散策や森遊び、木材を使ってのクラフトなど、木や森をキーワードに多くの参加者と一緒に創っています。
そして、ここふぉれすと鉱山で木や森と接することによって、自然に興味を持ち、身近な自然や地域の自然、そして、地球環境にも関心を持ってもらえるようになってほしいと考えてます。

そのような考えの基、開催した今回のイベント『木と森と人と音がつながる里山イベント』。
自然の入口に位置する里山ならではのプログラムが盛りだくさんのイベントで、さらにスティール・パンのコンサートも同時に開催されました。

まずは遊歩道を散策し、今の森の様子を見ることに。
春の陽気の中、木の芽出しや春もみじを見ながら、気持ちよくお散歩しました。

ゆっくりと遊歩道を歩き、目的地のこころのもりに到着。
今日は昨年植樹した木の成長記録を作成します。
参加者をA、B、Cの3組に分け、調査開始。
スタートと同時に各グループごとで散らばっていき、木の大きさと樹種名をどんどん記録していきました。
途中、休憩をとりながらの作業で、あっという間に片付きました。

調査が終わった後は、こころのもりの下草刈りと水やり。
木のことを大切に思い、お世話をしていました。

今回取った記録は、これからのこころのもりの成長データを蓄積する第1歩です。
次回は夏の間にどれだけ伸びたかを調査するので、秋を予定しています。
こころのもりの成長を記録とともに一緒に見ていきましょう。

今回もご参加ありがとうございました。
来月もぜひご参加ください。
参加人数 34名(大人13名、小学生9名、幼児12名)
活動場所 遊歩道、こころのもり
ヂカタビレンジャースタッフ 吉田し、紺野、谷口
ボランティアスタッフ(敬称略)
タイムスケジュール 10:00−11:45
Comment 吉田し
photos 松原、紺野
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ