2009年5月3日(日)くもり  15度 2009年春のスペシャルウイーク 春らんまん
活動内容 今年もはじまりました、GWのコーザン・スペシャルウィーク!
雨も心配されたお天気でしたが、曇り空のままもって過ごしやすい一日となりました。



10時からはじまるオープニングイベント。
プレゼントされる石窯ピザを目指して、9時すぎからお客さんが並んで待っていてくれました。

そして同じく10時からの「春の虫探し!〜ヤゴの観察」プログラムでは、親子合わせて18名の参加!
ふぉれすと鉱山近くの池でヤゴを探すと、オニヤンマ、イトトンボ等のヤゴを観察できました。
ほかにもミズスマシやオタマジャクシ、マツモムシを見つけ、最後に養魚池でサケの稚魚を見せてもらうなどして大いに盛り上がりました。

10時半からは「お花見ピクニック」。お花見といっても鉱山町では桜だけでなく、たくさんの春のお花が咲いています。
ヤナギ、キクザキイチゲ、エンレイソウ、エゾエンゴサク、フッキソウ、キケマン…そして今が見ごろのキタコブシ。
コブシの花びらがひらひらと落ちてきて香りをかぐと、「お米のにおいがする!」と参加者の声。みんなでにおいを嗅ぐと本当にお米のにおいみたいでした。
葉が茂る前のいまの時期によく見ることができる対岸の滝を見て、鉱山町の歴史にもふれたピクニックとなりました。

お昼すぎには、毎年恒例の「春の野点」がはじまりました。
ここ最近の寒さでサクラ開花までまだあと少し!…ということで、事前に枝を切って室内で暖め無事に咲いたサクラを愛で、美味しいお茶をいただきました。
中学生の男の子がお手前を習う一幕もあり、いろんな年代が楽しめて味わえる、盛況な野点となりました。

午後からは「春もみじマウンテンバイク(MTB)ツアー」。
春の風を感じながらMTBで森の中へ。
普段はめったに走ることのない砂利の林道を爽快に走りました。
最後の急坂を降りると、目の前にはきれいな川原にゴール。春の川を存分に楽しみました。

同じく午後からは、「丸太切り選手権」を開催!
家族・チーム対抗の部と大人個人の部で、誰が一番丸太を早く切れるかを競いました。


親子で助け合う姿や、優勝をめざす白熱した姿が見られました。
ふぉれすと鉱山特製の「力水(白樺樹液と鉱山の美味しい水)」も登場。乾いた喉をうるおしました。
太めの丸太を切る大変さを感じたり、応援に力を入れるなど会場みんなで楽しみました。



そして、夕暮れ。
コウモリ飛び交う夜の森へ、お花を探しにお散歩に出かけました。
その後、たき火のかがり火で照らしだされたキタコブシの下へ集まりました。
今回のスペシャルウィークは、アースデイとのコラボです。
ライトアップは、電気ではなく自然の火。地球のことを考えながら、かがり火のもとでお花見団子を楽しみました。

本日はたくさんのご来場ありがとうございました!
そして一日目お手伝いいただいたボランティアスタッフの皆様もありがとうございました!
明日もいろいろなプログラムがありますので、お誘い合わせのうえぜひぜひお越しください♪
参加者 152名(幼児19名、小学生43名、中学生20名、大人70名)
活動場所 ふぉれすと鉱山と周辺
ボランティアスタッフ(敬称略) 29名(学生3名、大人26名)
スタッフ 事務局:3名 ふぉれすと鉱山スタッフ
タイムスケジュール 10:00−15:00 
18:30−19:30 夜桜ライトアップ
Comment

高橋、紺野、土屋、北川、遠藤、笠間

photos

辻、高橋、星、紺野、土屋、北川、遠藤、笠間、松原

ボランティアさんのがんばりで春スペがはじまりました
かまやで自分のピザをやきました
新たしくなった親子いこいの場は木の香りが心地よいです
サクラはまだ咲かなかったけど春っぽい空気が漂う野点でした
丸太切り選手権は大盛り上がり
 大変頑張りました
第2回写真教室の写真展も開催中 雰囲気のあるいすです 森のおうち
MTBツアー
ヤゴさがし
春のピクニック
ちょっと地球のことを考えましょう
森のおうちの前でかがり火をたきました
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ