特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ
  
−里山づくり−
  
■ヂカタビレンジャーのページへ 里山づくりのページへ ヂカタビレンジャーメンバー募集中
2009年3月28日(土)晴れ・2℃ 鉱山流里山づくり ヂカタビレンジャー
内容 2008年度のふぉれすと鉱山流里山づくりも残すところあと1回になり、『森に感謝の日』と題して、一年間の里山づくり活動の振り返りと冬から春にかけての森の様子を散歩しながら見て回りました。

以前伐倒したマツ(トウヒ族)の切り株の年輪を数え、木の成長スピードを実感したり、ぷっくりふくらんだヤナギの冬芽やハンノキの雄花など、春を待つ木々たちに出会いました。

今もまだ鉱山には雪がたっぷりあります。
こころのもりにもどっさりと雪が積んでます。
どれくらい積もってるかスコップで掘ってみると...
何と“60センチ”も積もっていました。
3月のこの時期にまだこんなに雪があるなんて...
こころのもりに植えたあの子たちに会えるのはいつになるのやら。

そして、この時期はカエデから樹液が出始めます。
2日前にセットしておいたペットボトルにちょっとだけたまっていました。
少量なので全員で回し飲み。
みんな口をそろえて「甘ぁ〜い」という声を聞くことができました。
この時期に一生懸命、水を吸い上げているカエデさんから恵みをいただきました。
ありがとうございました。

お昼ごはんの後に一年間のスライドショーを見て振り返りました。
一年間やってきた里山づくり。
100年先の未来まで自然とふれあえる場所を創り続けていくふぉれすと鉱山流里山づくり。
たった一年...いやいや貴重な一年です。
ですので、来年度も100年先の美しい未来のことを考えて、里山づくりを進めていきましょー!!

今年度は、『植樹の日』からたくさんのご参加ありがとうございました。
来年度もまたよろしくお願いいたします。
参加者数 25名(大人:10名、子ども:15名)
ヂカタビレンジャースタッフ(敬称略) 吉田伸、紺野、栗林、福澤、望月
スタッフ 大橋
活動場所 センター周辺
タイムスケジュール   9:30 受付開始
10:00 活動スタート
12:00 昼食
12:45 振り返りスライドショー
13:15 終了、解散
Comment 大橋
photos 大橋
−お問い合わせ−
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3  TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808
Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)