特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ
   
2008年度 こうざんちょう森のようちえん活動
2009年3月21日(土)薄曇 −1度 森のようちえんオプション「土曜の夜からお泊りしちゃおう!」
2009年3月22日(日)くもり 2度 第22回こうざんちょう・もりのようちえん「どこ?どこ?春探し」
活動内容 21日(土)

先週に引き続き、お泊りオプションです。
今回は7家族。みんな同じ幼稚園の仲良しのみなさんです。

お母さん達が揃っているので、夕食はてきばきとあっという間に出来上がり、ゆっくりお食事。子ども達もいっぱいで、にぎやかな食卓でした。

一息ついてからは、外へソリ滑りにお出かけ。
薄曇りの空ですが、頭上にはちらほらと星が出ていました。

と・・・夜空に目を向けるのはほんの一瞬。
凍ってつるつるになったハイスピード斜面でソリ滑りに夢中になっていました。

夜はながぐつレンジャーのスタッフ、参加者も一緒になって大人の交流会。
年長組の皆さん、来年はながぐつレンジャーに参加したい、という方も結構いらっしゃいました。

ふぉれすと鉱山は個人でも、グループでもいつでも気軽に泊まれる施設。
是非また遊びに来てくださいね。
22日(日)

先週より大分雪の減った鉱山町。
とはいえ・・・森の中の積雪は未だ1m以上!
そんな森の中に潜んで春を待っているふしぎな生き物は「ふゆめ」。
そんな「ふゆめ」を探しに森の中へ出かけました。
鉱山を出てすぐにあるのが大きな赤い「鉱山橋」。
下の川をのぞくと、まだまだ雪がいっぱい。
でも、川原にはきみどり色の点々が・・・ふきのとうを発見です!
どうやら春はちゃんと近付いているみたい。
それからしばらく歩いて、森の中へ。
ありましたよ、出かける前に絵本でみた「ふゆめ」。
つんつん頭のそれは、木の枝の先にいました。
そう、春になって葉っぱや花になる「冬芽」がその正体。
その他にも、雪解けで出来たおっきな湖(洞爺湖みたいでした)や、雪解けで現れた木の根元には、ねずみのかじり跡を見つけたりもしました。
そんな発見をしながら、自然と活動は雪遊びに発展。
それぞれ好き好きに遊んでいました。

でも、今日は湿った雪がウェアにしみてきて、すぐにびしょびしょになってしまったので、ほとんどの皆さんが早めに切り上げていきました。

そんな悪条件の中残っていた10人ほどは、崖のような急斜面を越えて川原へ。
足元をよーく探すと・・・ありました!ふきのとう。
帰ってから、ふき味噌にして美味しくいただきました。
午後は1年間の活動写真をスライドで見ました。
みんな活動を思い出して、笑い声がいっぱいでした。

みなさん、1年間本当にありがとうございました。
自然の中で家族で遊ぶ楽しさを知ってもらえましたか?

森のようちえんの日でなくても、鉱山の自然はいつでも皆さんを待っています。
そして、町の中にもちょっとした自然の中で子ども達は遊びを展開することができるのです。

いつでも気軽に、親子で外遊びを楽しんでみてくださいね。

またお会いできるのを楽しみにしています!

参加者 21日;合計 20名(うち 3歳以下1名、幼児9名、小学生3名、大人7名)
22日;合計 62名(うち 3歳以下2名、幼児30名、小学生4名、大人26名)
活動場所 21日;館内/築山、グラウンド
22日;道道突き当たり付近の森/ホール
森ようスタッフ(敬称略) 21日;小野田、外山、辻
22日;小野田、外山、辻、伊藤し、中川、古瀬、紺野
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 21日・22日;笠間、北川
活動時間 21日;16:00〜
22日;10:00〜14:00
Comment 北川
photos 北川
外山
21日(土)
22日(日)