特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ
   
2008年度 こうざんちょう森のようちえん活動
2009年3月14日(土)吹雪 3度 森のようちえんオプション「土曜の夜からお泊りしちゃおう!」 
2009年3月15日(日)晴れ 1度 第21回こうざんちょう・もりのようちえん「どこ?どこ?春探し」
活動内容 14日
ふぉれすと鉱山は、個人でも、家族単位でも、いつでも楽しく泊まれる施設です。
そんな使い方を知って欲しくて、今回の森のようちえんは前日からのお泊りオプション企画を実施しました。
夕方頃集まって、みんなでご飯作り。
ご飯を食べて一息ついたら、外に出かけましょう・・・という、極めてゆる〜い過ごし方。
ですが・・・

今夜は外がすごかった!
風がびゅうびゅう吹き抜ける大吹雪。
そんな中、築山でそり遊びをしました。
以外に気温は高かったこともあって、真っ暗ななか1時間以上ソリ遊びに熱中しました。

夜は、参加者、スタッフ、ボランティア入り混じっての懇親会を楽しみました。
また是非お泊りに来てくださいね。
15日
3月も半ばを過ぎ雪解けも進み、すっかり春の気配が・・・と思いきや、まだまだ雪が分厚く地面を覆っている鉱山町。

今日のテーマは「春探し」だけど、ほんとに見つかるの?

でも、雪の森には春を迎えるために準備をして待っている不思議な生き物がいるのです。
その名は「ふゆめ」。
笑顔、動物の顔、赤鬼・・・そんな色々な顔を持っている「ふゆめ」写真紙しばいを読んでから、ふぉれすと鉱山からちょっとお出かけして、森の中へ出かけました。

雪の地面は固まっているけど、時々「ずぼっ!」と股下まではまってしまう深さ。
さく、さく、ずぼっ! さく、さく、きゃあっ!と歩いて木の近くに行ってみると、います、います。
たくさんの「ふゆめ」たちが枝の先で待っていました。
そう、「ふゆめ」は「冬芽」。
もうじき葉っぱや花を出す部分ですが、今はしっかりと殻を閉じて春を待っています。

森の中では思い思いに雪遊びを楽しみました。
木の枝を使って家作りをしたり、穴を掘ったりする滞在型の遊びを楽しんだり、森の中の急斜面でソリ滑りを楽しんだり。

森の中を進むと、その先には川原がありました。
その川原で遊んでいると・・・、ふきのとうを発見!!

鼻を近づけると爽やかな春の香りがして、嬉しくなりました。
まだほんの2つしか見つかりませんでしたが、ありがたく頂いて持ち帰り、お昼ごはんの時にふき味噌を作ってみんなで食べました。

午後は1年間に撮った写真のスライドを見ました。
ほんと、色んな自然遊びをしましたね。
そして、みんな良い顔をしていました。

みなさん、1年間本当にありがとうございました。
自然の中で家族で遊ぶ楽しさを知ってもらえましたか?

森のようちえんの日でなくても、鉱山の自然はいつでも皆さんを待っています。
そして、町の中にもちょっとした自然の中で子ども達は遊びを展開することができるのです。

いつでも気軽に、親子で外遊びを楽しんでみてくださいね。

またお会いできるのを楽しみにしています!
参加者 14日;12名(うち 3歳以下1名、幼児2名、小学生3名、中学生4名、大人2名)
15日;36名(うち 3歳以下5名、幼児13名、小学生3名、大人15名)
活動場所 14日;館内/築山、グラウンド
15日;道道突き当たり付近の森/ホール
森ようスタッフ(敬称略) 14日;小野田、外山
15日;小野田、外山、辻、伊藤し
ボランティアスタッフ(敬称略)
ふぉれすと鉱山スタッフ 14日;北川
15日;鈴木、北川
活動時間 14日;16:00〜
15日;10:00〜14:00
Comment 北川
photos 北川
14日
15日