特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ
2009年3月10日(火) みぞれのち晴れ 6度 豊浦町大和小「げんきの森」ワークショップ
活動内容 今日は豊浦町大和小学校へ、出前講座で出かけました。
ヤマゲラがさえずりを合図に学校前からはじまる「百年の道・げんきの森」に向かいました。
まずは、トドマツの下の雪の上に落ちているいろんなものをルーペを使って探します。
分解されたまつぼっくり、プロペラつきの種などいろんなものを見つけました。
また、冬芽の顔探しをしながら、森の奥へ。
エゾリスが食べたクルミの跡やマヒワという野鳥の黄色い羽、エゾユキウサギの足跡をみつけ、帰り道には、おしりすべりも楽しみました。
みんながげんきの森からみつけだしてきた「冬芽団長」、今度はその団長がささやく言葉を聞き取り、紙の吹き出しに書き出しました。
「また一緒にあそぼう」「みつかっちゃったぁ〜」など思い思いの団長の言葉とともに、春に向かって育っていく冬芽を観察することにしました。
大和小のみなさん、また、げんきの森で遊ぼうね!
参加者 7名(小学生7名)+教員4名+胆振森づくりセンター鈴木氏、豊浦林業グループ大久保氏
活動場所 豊浦町大和小学校「百年の道」げんきの森
スタッフ 遠藤
ボランティアスタッフ(敬称略) 伊藤義
タイムスケジュール 18:00〜20:00
Comment 遠藤
photos 遠藤