特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ
2009年2月14日(土)小雨 4度 第16回森からつながる環境保全〜調査会C「動物痕跡調査」
活動内容 つな環、第4回となる調査会は、動物の痕跡調査です。
今日は山神社方面に向かいました。

昨晩の嵐の影響で、枝がたくさん落ちています。
雪が落ちた後もあり、足跡がなかなか見つからない状態でしたが、さすが、今年の調査会にご参加いただいている、みなさん!!
足跡や食痕、フンなどさまざまなものを発見しました。
調査結果 悪天候の中でしたが、ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

高木層:ミズナラ、ウダイカンバ、ドロヤナギ
亜高木層:ヤマモミジ
低木層:ノリウツギ

確認
@エゾリスの足跡(足跡の大きさ4cm、足跡幅12cm、跳躍距離39cm)
Aネズミ(おそらくエゾヤチネズミ)の食痕(ノリウツギの樹皮、雪の下45cm)
B野鳥のフン(ツルウメモドキの実、種など確認)
Cエゾシカの食痕(ノリウツギの樹皮、1本の歯の幅2mm、樹皮食い跡幅11cm、縦
37cm)
Dキツツキの仲間の食痕(ヤナギの枯木)
Eエゾシカの食痕(ノリウツギの樹皮、まわりの4本)
Fエゾシカの食痕(ヤマモミジ直径13cm、樹皮食い跡幅幅6cm、縦40cm)
Gエゾシカの食痕(ノリウツギの樹皮、直径11cm、樹皮食い跡長さ37cm)
Hおしっこ跡
Iキツツキの食痕(ヤナギの木)
Jアカゲラサイズのキツツキの食痕(ノリウツギ枯れ木)
Kフン(ヤマツツジの芽を食べた後、ゼリー状)
Lエゾモモンガのフン(エゾヤマザクラの樹皮についている)
Mエゾモモンガの巣(樹洞の中に巣材がみえる)
参加者 6名(大人6名、オブザーブ小学生1名)
活動場所 山神社方面
講師
スタッフ 遠藤
ボランティアスタッフ(敬称略)
タイムスケジュール 10:00〜15:00
Comment 遠藤
photos 遠藤