2009年2月8日(日)くもり時々雪 0度 09コーザン冬まつり
参加者数 合計188名 大人64名 中学生7名 小学生107 幼児20
ボランティア(敬称略) 外山 佐々木 西埜 吉田 西埜(朋) 紺野 千葉(拓) 河村 村上 藤田 星 小野田 栗林 宇田 福澤 伊藤(義) 長田 千葉(弦) 山田
冬まつり事務局 外山さん(モモくら)、鈴木(ふぉれすと鉱山スタッフ)
活動場所 ふぉれすと鉱山
活動時間 10:00〜15:00
活動内容 本日は冬最大のイベント「コーザン冬まつり」が開催されました。
前日から雪が降り積もる中、遠くは札幌からも足を運んでくださった方をはじめ、合計で188名の方にご来館いただき、大盛況の一日となりました。
来てくれた皆様、本当にありがとうございました。

グランドではソリすべりやシリすべり、つるつるリンクではながぐつホッケーと、朝一番からちょうど遊びに来てくれていた、札幌のNPO法人あそベンチャースクールの子どもたちが、大盛り上がりをしてくれていたところから始まり、一日中、子どもたちや大人たち?の歓声があふれていました。

石窯小屋でも、石窯ピザをはじめ、ココアにマシュマロとみんなの舌も楽しませてくれていました。

人数限定のイベントも、大盛況で大盛り上がりでした!
カンジキをはいて森の中を歩く、ネイチャーハイクも募集開始と同時にあっという間に埋まり、一時間半のバックカントリーツアーへ。夏はササで歩くことのできない特別な場所に行ってきたようで、冬の森の住人にたくさんあってきたようでした。

もう一つの人数限定イベントの「ひげ工房 Myカトラリー作り」も、募集開始と同時に受け付け終了の大盛況。
手作りのスプーンとフォークを作りました。
シラカバやモミジの木の柄に自分の名前を入れて完成。
最後は自分たちで作った食器を使って、コーンスープを飲みました。自分で作った食器で飲んだスープのお味はどうでしたか?

そして、午後からのメインイベントのスノートライアスロンは、大人の部に始まり、小学生の部、親子の部と全部で5レースが行われました。
ソリすべりをして、宝探しをして、雪山を登り、雪積みをして、最後はつるつるリンクでブルーシートの下をくぐってゴール。
グランド全体をひきつけて、大人も子どもも白熱したバトルを展開しました。

本日の最後のイベントはホールで行われた「北の国、コーザンから」のどたばた人形劇でした。
会場は小さい子から大人まで超満員。
子どもたちを引き込む楽しいゲームやほぼアドリブという演劇。ドタバタと楽しい人形劇と、もう一時間か!と思うくらい、あっという間の笑いの絶えない時間でした。

全部のプログラムが終わった後も、まだ遊び足りない!!という子どもたちがグランドでソリすべり&雪合戦が展開され、本当に一日中遊びつくした一日となりました。

楽しんでくれたみなさま。本当にありがとうございました!


最後に事前の準備から当日まで多数のボランティアの方々にご協力いただき、今日一日、楽しく安全に冬まつりを成功させることができました。

この場を借りて深く御礼申し上げます。
ありがとうございました。
comment 鈴木
photos 鈴木、紺野、星、松原ほか
フリースペースで楽しむ(つるつるりんく・築山ほか)
氷の上で綱引きゲーム
ひけ工房提供 カトラリーつくりは大好評でした
ネイチャーハイクは新雪の中で発見の連続・そして大遊び
写真展も同時開催
皆さんの力作が…

2月14日まで
ドタバタ人形劇は大入りでした
メインイベントの冬のトライアスロンは大人の部、子どもの部、親子の部が開催されました
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ