2008年12月18日(木) 晴れ 7度 鉱山ショートショート18
活動内容 今日は天気もよく、絶好の散策日より!はじめに目を自然に慣らすためのちょっとしたゲームをしてから、森の中に入っていきました。

グランドを歩いていると、早速、ウサギが縦横無尽に走った足跡を発見。すぐわきに糞も発見しました。夜のグランドにはたまにあらわれているようですね。

散策路に入っていくと、今度は小さなゴマのような種や茶色くて小さい蝶のような種など、雪の上に落ちている、いろいろなものを発見しました。
雪が降ると、その上に落ちたものがよく見えるので、歩いていてもいろいろな物を発見することができます。冬の楽しみの一つですね。

そのあとは崖の上から、鉱山がまだ栄えていた頃に走っていた鉄道のあとをみながら歩きました。雪で笹がねているので、歩ける今だけのスポットですね。

冬になり一見、なにもなくなるかのように思えるけど、実際に森の中に入っていくと、夏よりも楽しいものがいっぱいありました。
実は冬のほうが森の中は楽しいかもしれませんね。
参加者 合計 1名(うち 大人1名)
活動場所 散策路 発電所
スタッフ 鈴木
タイムスケジュール 10:00〜11:30
Comment 鈴木
photos 鈴木
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ