2008年12月6日(土) 雪 第3回森の子育てフォーラム
独立行政法人福祉医療機構助成事業 子育て特別分
活動内容 今年で第3回目を迎えた「森の子育てフォーラム」。今回は、名古屋から3名の講師をお招きし、名古屋で展開されている「子育て環境づくり」「福祉」「医療」をキーワードに様々な情報提供をいただきました。
ゴジカラ村のお話を吉田さんから聞き、地域医療を考えさせられたという南医療生協で取り組まれている話を平田さんから伺い、「子どもに早く、とせかしてしまっている自分に反省」「医療過疎のこの地域をどうすればいいのか」「おじいちゃん・おばあちゃんとふれあう時間は大切だ」などなど…参加者のみなさんが受け止めた言葉から多くの想いが溢れていました。
自分たちがやらないといけないんだ、そう話していた参加者の方も印象的でした。
子どものための子育て環境づくり、ということの前に、自分自身の心のありよう、もちよう、つながりのつくり方などに興味をもたれていたように感じました。
これから、楽しいまちづくり、どんどんはじめていきましょうね!
ゲスト(講師) 愛知たいようの杜 吉田一平さん
南医療生協 平田秋子さん
ライフネットみなみ 遠山哲夫さん
進行(講師) 文化女子大学室蘭短期大学 森谷直樹さん
託児サポート ファミリーサポート4名のみなさま
参加者 84名(大人52名、子ども32)
活動場所 ホール、ふぉれすと鉱山周辺
ふぉれすと鉱山スタッフ 吉元、笠間、鈴木、松原
ボランティアスタッフ(敬称略) 木村、長田お、兼子こ、矢野、木村ゆ、野上酒井ち
タイムスケジュール 10:30−15:30
Comment 吉元
photos 吉元、松原
進行役の森谷さん 担当スタッフの吉元 今回のゲストの皆さん
子どもたちの保育
以下分科会の様子
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ