特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ
   
2008年度 こうざんちょう森のようちえん活動
2008年11月23日(日)晴れ時々雪 2度 第14回こうざんちょう・もりのようちえん「落ち葉遊びとパチパチ焚き火」
活動内容 落ち葉遊び・・・どころではない今日の鉱山。
ここ数日の雪で一面真っ白です。
でも、もう1つのテーマ、「パチパチ焚き火」にはもってこいですね。

焚き火をテーマにしたなぞなぞ絵本を楽しんでから、冬の森をお散歩。
雪に埋もれた栗の実を拾ったり、雪に足跡をつけて遊んだりしながら森の中を歩きました。

でも、こんなに雪があるんだから、やっぱり今年初の雪遊びでしょ!
と思っていたら、都合よく築山の横にたくさんのソリが置いてあるではないですか。

いやあ、雪が降っているとはいえ、ちょっと滑ると下の土が出てきて・・・築山はあっという間に白と黒のマーブル模様になってしまったのですが、みんな気にする様子もなく、ばんばん滑って遊びました。
途中からは、ソリなしでウェアー滑りも始まり・・・

汚れも冷たさも気にせず、みんなたくましいなあ。

お散歩から帰ってきたら、焚き火。
白樺の皮を火種にして、マッチで火をつけました。
子ども達もみんな挑戦してましたね。
初めてでおっかなびっくりの子もいたけれど、楽しかったみたいで何本もつけていました。
パチパチ焚き火、暖かかったね。

それから、お父さんお母さんと一緒に薪割りをしたり、薪ストーブを焚いたり、スープ作りをしたり。
薪ストーブで煮込んだスープ、時間もかかったし大変だったけど、美味しかったといってくれました。

昔の暖房、焚き火。
今の電化の時代にはなじみのない子も多いのかもしれません。
自然の恵みをそのまま使った昔の暖房の良さを、感じてもらえたら嬉しいです。
参加者 合計 61名(うち 3歳以下3名、幼児18名、小学生5名、大人35名)
活動場所 炊事棟前→遊歩道→もんきーパーク→炊事棟前
スタッフ 鈴木、大橋、北川
森ようスタッフ(敬称略) 伊藤(省)、辻、矢野、紺野、中川
バックアップサポート
活動時間 10:00〜14:00
Comment 北川
photos 鈴木