2008年11月11日(水) 晴れ 8度 壮瞥小学校1・2年生げんきの森ワークショップ(胆振支庁より依頼・出前講座)
活動内容 今日は壮瞥小学校での出前授業です。
学校裏のげんきの森の中へ、秋のオトシモノを探しに出かけました。

まずは、葉っぱを探したり、森に隠されたものを探したりして、森の中での目力をつける練習をしました。

霜がおりて甘くなったヤマブドウやくり、きのこ、落ち葉、かたつむりの殻、ぐるぐるのつる、とんぼなど
いろんなものを発見していました。
そして、目力にますます磨きのかかった子どもたちは、シカの骨も発見!

そして、見つけたオトシモノの中から、森の命を感じられる『いきものたち』を見つけ出しました。

壮瞥小学校のみんな、今度はふぉれすと鉱山にも遊びに来てね!!
参加者 合計 26名(うち 小学生24名、引率2名)
活動場所 壮瞥小学校 わいわい村ふれあいの森」
スタッフ 遠藤
ボランティア(敬称略)
タイムスケジュール 9:00〜11:15
Comment 遠藤
photos 遠藤
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ