2008年10月28日(火) 曇りのち雨 緑陽中学校1年生総合的学習
活動内容 市内の緑陽中学校1年生が総合的な学習の時間で環境問題や地球温暖化についての質問をたくさんもってやってきました。

「よろしくお願いします!!」と挨拶も元気よく、楽しい雰囲気で始まりました。

「森はなぜ必要か?」「地球温暖化が進んで困ることは?」「絶滅しお砂動物を助けるためにどのような方法がありますか?」といった環境に関する質問の中で、私が伝えたかったことは「矛盾」とその中でみんなにできること、興味を持って考えていくこと。


みんな一生懸命にメモをとり、帰ってからそれをもとに壁新聞を作るとのこと。どんな壁新聞になるのか楽しみです!
参加者 19名
活動場所 和室
スタッフ 鈴木
ボランティア(敬称略)
タイムスケジュール 13:30−14:30
Comment 鈴木
photos 鈴木
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ