2008年9月11日(木)〜12日(金) 虎杖小学校5年生宿泊学習活動サポート
11日(木)くもりのち晴れ 22度
12日(金)くもりのち晴れ 20度
活動内容 <幻の秘湯を目指せ!>
ふぉれすと鉱山にやってきた虎杖小の子ども達に見せられた、古ぼけた地図。
そこに示されているのは「幻の秘湯川又温泉」への道のり。

地図には「片道約一里」とあり、「そんなに歩けるかなあ・・・」と不安がりながらも、双眼鏡、捕虫網、ルーペ、鉱石ハンマーなどなどを持って、探検に出かけました。

歩いていくと、パチパチはじけるキツリフネの種、まだ青いどんぐり、モズのはやにえにされたマルハナバチ、きれいなカタツムリ、鹿の足跡・・・と面白いものばかり発見して、探検気分が盛り上がりました。

途中からは細い山道に。アップダウンがあり、横が崖になったりと山奥の道を慎重に進みます。
みんなで地図を確認しながら、最後は冷たい沢をつめていくと、ついに秘湯を発見!

最初は戸惑い気味で足だけつけていた子ども達も、1人がざぶん!と入るとどんどん続いていきました。
冷たい川→温泉→冷たい川→温泉・・・なんて繰り返す子もいたりして。

とっても疲れたけれど、楽しい探検になりました。

<明日の計画をしよう>
おいしいカレーで力の戻った子ども達に、明日やることを決めてもらいました。
まずは「川」「森」「周辺」それぞれで出来る活動の例を紹介し、どこで遊びたいか、友達とは相談せず、自分の気持ちで選んでもらいました。

3つのチームに分かれた後は、どんな活動をしたいか相談して決めてもらいました。
自分の気持ちで選んだだけあって、話し合いもすんなりと進んでいましたね。

<夜の暗闇を体験>
今日最後のお楽しみは、山神社への夜のお散歩。
「熊は出ないよね?」「お化けは出るの?」「足元は危なくない?」
そんな不安を1つずつ解消し、ちょっと勇気を出して懐中電灯なしで外へ出かけました。

この夜は曇りでしたが、満月が近いのでとても明るい夜。
でも、子ども達にとっては電気のない真っ暗闇だったようです。

思ったよりにぎやかな虫の声、目が慣れてくるとぼんやり浮かんでくる森の風景に、
「何だか現実の世界じゃないみたい・・・」

みんなどきどき、怖かったけど、それ以外のこともたくさん感じてくれたようで
した。

<自分達で決めた活動をしよう>
□川遊びチーム
「魚をとりたい!」「鉱石を探したい!」「笹の葉で作った船でレースをしたい!」というみんなのしたいことをするために、鉱石のとれる川原に行きました。魚をとったり、鉱物の入っていそうな石を割ったり、自分たちで決めた活動だけあって、みんな夢中で活動をしていました。
大きなカジカに水晶、黄鉄鉱などを見つけることができ、みんな満足の様子でした。

□森チーム
動物や面白い植物、昆虫などなど、森の自然のことを知りたい!という子ども達を、山神社などふぉれすと鉱山周辺をご案内。
不思議な草木、ゴジュウカラの巣穴、ハクセキレイなど面白いものをいっぱい見つけることができました。

□周辺チーム
自然の素材を使った素敵なプレートを作りたい!
「では、材料を集めに行こう」と声をかけると、なぜかグラウンドの築山に登って景色を楽しむマイペースな4人。
景色を楽しんだあとは、のんびりとお散歩しながら小枝や木の実、種、葉っぱなど好きなものを拾い集めました。
いざ作り始めると、手はとまることなくあっという間に素敵な作品ができあがりました。素敵な思い出、大事にしてね。
参加者 17名(小学生14名、大人3名)
活動場所 11日:川又温泉
12日:ふぉれすと鉱山周辺、山神社、精錬所跡川原
スタッフ 北川、鈴木
ボランティアスタッフ(敬称略) 紺野(11日川又温泉)
外山(11日活動計画とナイトハイク)、
成田(12日森チーム)、
内田(12日周辺チーム)
タイムスケジュール 11日 10:00〜15:30 川又温泉を探検
     19:00〜19:45 明日の計画作り
     19:50〜20:30 ナイトハイク
12日 8:30〜10:30 自分達で決めた活動をしよう(周辺チーム、森チーム、川チーム)
Comment 北川
photos 鈴木、紺野、北川
−川又温泉−
−明日の計画−
−川チーム−
−森チーム−
−周辺チーム−
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ