2008年9月6日(土)・7日(日) 第5期コーザンネイチャーガイド養成講座FG
6日 晴れ 25度
7日 曇り  23度
活動内容 6日
<は虫類・両生類講座>
北海道にもともと住んでいる両性類は種類が少ないのに、人の手で運ばれて、住むべき場所ではない種類が増えているとのこと。
人と生き物の関係を考えさせられました。
こういうお話も山田さんの手にかかると、小学生でも分かりやすく興味深く聞き入っていました。
本物のアオダイショウにも触れて、大満足でした!

<動物講座>
北海道に住む哺乳類のお話を聞き、ここ鉱山町に住んでいる動物について考え、実際にフィールドへ出かけ、動物の痕跡を探しました。
普段は、なかなか見られない動物たちですが、身近なところに痕跡がいっぱい!!
鉱山の森の生き物たちの息遣いが聞こえてきそうでした。
そして夜には、足跡トラップを仕掛けました。
もしかしたら、朝までに動物の足跡がつくかもしれません!
みんなで話し合って、調査をしてと。充実した1日となりました。

7日
今日は朝から蒸し暑い中の講義となりました。
早速、水生昆虫についての話からはじまりカワゲラ、カゲロウ、トビケラの違いを学びました。講義の後は川での採集を行い午後からは同定作業を行いました。参加者の中には初めて見る個体に驚きと歓声が沸き特に珍しい「アミカ」には関心を示していました。
講師 山田晴康氏
檜山知弘氏(WOODY HOUSE DESIGNS)
戸島光彦氏
参加者 6日 庄司た、溝端ひ、富永、紺野ゆ、紺野し、河合、児玉顕、児玉彩、笠間、辻、外山、荒木 12名
7日 庄司た、戸島か、戸島こ、辻、外山、児玉顕、児玉彩  7名
活動場所 センター、山神社、精錬所跡の河原
スタッフ 遠藤
ボランティアスタッフ(敬称略) 庄司ふ、庄司ひ、戸島み
タイムスケジュール 9月6日(土)
10:00〜12:00 は虫類・両生類講座@
13:00〜14:00 は虫類・両生類講座A
<講師 山田晴康氏>
14:30〜18:30 動物講座&実習
<講師 檜山知弘氏>

9月7日(日)
10:00〜11:00 水生昆虫講座&サンプリング(川に入ります)
13:00〜15:30 同定・サンプル作り
15:30〜16:30 まとめ
<講師 戸島光彦氏>
Comment 紺野、戸島み、遠藤
photos 戸島み、笠間
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ