2008年8月28日(木)〜29日(金) 若草小学校5年生宿泊学習活動サポート
28日(木)小雨 19度
29日(金)小雨 21度
活動内容 小雨降る中での宿泊学習。
1日目は鉱山の歴史や自然の不思議をたどるウォークラリーでした。
鉱山時代の面影を残すあちこちの遺跡や、パラピッツまでの森の中を歩いて、なかなか想像力が求められる問題に答えながら歩きます。
雨降りにも関わらず、子ども達は楽しそうに歩いていました。

昨年同様、先生達が夏休み前から何度も足を運んでウォークラリーの企画や準備をしていました。
鉱山スタッフは企画段階からお手伝い。
当日はチェックポイントの1つに立ち、「ふぉれすと鉱山 分館」をオープンして、鉱山の歴史に関するトピックを教えるミニトークを実施しました。
問題の答えに触れないように話すのが難しかった・・・(結構きわどい発言しちゃったかも?)

そして・・・

この日の夜は全国的に記録的な豪雨。
胆振中部には大雨洪水警報が出てしまい、川はこの夏一番の増水。
予定していた川遊びは残念ながら出来ないことに。

そこで、みんなで鉱山橋の上から濁流をのぞき「こりゃ無理だ〜!」というのを確認したあと、自然物を使ったフォトフレーム作りと、クマザサ弓矢作りとに分かれて活動しました。

幸いにも雨は小降りになり、子どもたちも「楽しかった〜」という感想をくれました。

鉱山町はみんなの住んでいる若草町や美園町と同じ、登別市の一部。
みんなの住んでいる登別は、たくさん面白い場所がある素敵な場所なのです。
自分の近所にも改めて目を向けて、登別を好きになってくださいね。

□フォトフレーム作り:笠間
まつぼっくりや小枝などを拾い、フォトフレームやネームプレートを作りました。
枝をカッターで切ったりホットボンドでつける作業に悪戦苦闘しながらも、みんな可愛い作品を作ってくれました。
先生方も「5−1」「ほけんしつ」など、学校ですぐ使えるプレートを作っていましたよ。大事に持って帰ってね〜!

□クマザサ弓矢:北川
「この近くにもササはあるけど、太いササは山の上でちょっと大変なんだよね。
それでも行く?」
「太いのがいいから行く〜!」「山なんて全然平気!」
という(一部男子の?)力強い声をもらい、強い弓を作れる太いササを求めて遊歩道の頂上へ。
時間をかけて厳選したササを使い、何度も失敗しながらも強い弓を作ることができました。
おうちの近くのササでも、また作ってみてね。
参加者 50名(小学生45名、大人5名)
活動場所 28日:ふぉれすと鉱山周辺〜パラピッツの森
29日:グラウンド周辺、食堂、木工室
スタッフ 28日:北川、鈴木
29日:北川、笠間
ボランティアスタッフ(敬称略)
タイムスケジュール 28日 10:00〜15:30 鉱山不思議発見ウォークラリー
29日 9:00〜12:00 フォトフレーム作り/クマザサ弓矢作り
Comment 北川、笠間
photos 北川、鈴木、笠間
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ