2008年8月26日(火)〜27日(水) 幌別小学校5年生宿泊学習活動サポート
26日(火)くもりのち晴れ 18度
27日(水)小雨 19度
活動内容 子ども達の自然体験の経験値を高めたい、という先生の希望にお答えして、ちょっとハードな本気の自然遊びをしてもらいました。

大変なことや苦しいことって、ついつい避けて通ってしまうけど、挑戦して乗り越えたときの喜びや楽しさって、かけがえのないものです。
自然の中でも、普段の生活でも、そんなことを思い出しながらがんばってくださいね。

それでは、それぞれの活動の詳細です。

<1日目>
□川で冒険コース(北川)
ふぉれすと鉱山近くの川原から、カマンベツの沢まで、幌別川を1kmほど遡って歩く「リバートレッキング」にチャレンジしました。

ここ数日の雨で増水している幌別川上流。
いつもの3割増くらいにハードな活動となりました。
深みや急流に足を取られ、転んだりよろけたりしながら歩くこと2時間半。
みんな本当にがんばっていましたよ。

途中の川遊びも楽しかったね。

□滝で冒険コース(鈴木、笠間)
水のきれいな渓谷を目指して、いざ出発。
まずは3kmの林道をてくてくと歩いていきます。
黄緑色のクリの実を「やわらか〜い」と触ったり、水たまりを探してジャボ
ンッと入ったり。
残り1kmは急な坂道!「暑い〜」「まだ続くの〜」といいながらも、みんな一生
懸命登り切りました。

川の中州でお昼ごはんを食べたあとは、いよいよ渓谷へ川歩き。
増水して流れが速いところを両手両足をつかって上っていくと、ゴールの天然
プールが!
滝でお尻すべりをしたりプールに飛び込んだりして、思いっきり遊びました。

□山で冒険コース(大橋、伊藤し)
鉱山の山に伸びている送電線の真下を追っていく“一直線登山”。
今日は気温もそれほど高くなかったので、まさに登山日和。
最初の心臓破りの登りがかなりキツかったけど、1つ2つと鉄塔を越えていき、合計6個の鉄塔を越えました。
鉄塔をクリアしたごとに円陣を組み、みんなの団結力を深めていきました。

*********************
<2日目>
□ゆったり川遊び(北川、笠間)
小雨が降る中、2日続けて川遊びをする子、今日はじめて川に入る子、それぞれを連れて近くの河原に遊びに行きました。
まず一人ひとつ石を拾い、この宿泊学習の思い出を込めます。
そして石を持ったまま川の流れにのって、“目を閉じて(!)”プカプカ流れてみました。
子ども達は水の冷たさにおののきながら、体をこわばらせています。
そして、十分に想いのこもったと思われる石を、最後に川に投げて儀式は終了。
あとは思いっきり川遊び!飛び込んだり流れたりして、本気で楽しんでいました。

□たき火マスターへの道(鈴木、伊藤は)
「火はどこが一番熱い?」という問いかけから、火について少し学んだあと、実際にマッチと新聞紙と木をもらって焚き火に挑戦しました。
とりあえず木を下に敷いて、上にのせた新聞紙に火をつけてみるグループがあったりみんな悪戦苦闘しながら、少しずつ火をつけていく知恵を身につけていきました。
最後には全グループ火をつけることができ、つけたたき火でマシュマロを焼いて、おいしそうに食べていました。
参加者 76名(小学生70名、大人6名)
活動場所 26日:
川で冒険コース:滝の沢橋下〜カマンベツ
滝で冒険コース:白水川
山で冒険コース:送電線下整備道

27日:
滝の沢橋下川原、野外炊事棟
スタッフ 26日:北川、鈴木、笠間、大橋
27日:北川、鈴木、笠間 
ボランティアスタッフ(敬称略) 26日:伊藤し
27日::伊藤は
タイムスケジュール 26日 10:00〜15:30 コーザン流本気の自然遊び(川/滝/山の3コース)
27日 9:00〜11:30 ゆったり川遊び/たき火マスターへの道   13:30〜13:40 活動のまとめ
Comment 北川、笠間、大橋、鈴木
photos 北川、笠間、大橋
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ