2008年8月24日(日)25日(月)26日(火) 三育小学校活動サポート 「目からウロコキャンプ」
1日目 くもり 17度
2日目 くもり 17度
3日目 くもり 18度
活動内容 今年で5回目となる目からウロコを落とすことをテーマにした「目からウロコキャンプ」
前日の天気予報では3日間雨という予報で、どうなる?と思われたのですが、ふたを開ければ3日間とも雨に当たらず、思いっきり鉱山を満喫し、たくさん目からウロコを落としていった3日間の活動はこんな様子でした。

1日目はダムの横にある「魚道」に行き、昼間と夜の魚の違いを観察しました。
昼間の魚たちは素早い動きでなかなか捕まえるのも難しかったのですが、夜の魚は水の中でじぃっとしていて、強いライトで照らすと、まるで寝ているような魚を観察することができました。

2日目は高学年組と低学年組の2グループに分かれて、川に行ってきました。1日目に行った下流の川とは違い、2日目の川は上流部。高学年組はMTBで川の上流部まで行き、その後、雨で増水した川を歩いて登り、行き着いた天然のプールで飛び込みをしたり流れたりと川遊びをしてきました。
低学年組は歩いて、鉱山の秘湯「川又温泉」に行きました。坂道を登り、川を越えたどり着いた天然温泉。川に入って流れては、温泉につかり温まり、皮に入って流れては温泉にを繰り返し、川又温泉を満喫していきました。

3日目は、2日目に行った川又温泉のお湯、そして一生懸命集めたアカソの葉っぱを使っての草木染めを行ないました。

先生方が手縫いしてくれたバンダナを染めます。しぼりを入れるときは、みんな、真剣ッそのもの!
アカソが持つ色と温泉マジックが相まって、素敵な作品が出来上がりました。
緑の葉っぱからピンクが出るなんて、まさに目からウロコ!
このアカソバンダナ、ぜひ普段使ってくださいね!

今回は、どれくらい目からウロコがとれたかな?
また、来年も待っています!
参加者 32名(小学生25名、大人7名)
活動場所 白水川 川又温泉 ふぉれすと鉱山グラウンド
スタッフ 大橋 遠藤 鈴木
ボランティアスタッフ(敬称略) 伊藤し
タイムスケジュール 1日目 12:30〜15:00/19:30〜20:00
2日目 10:00〜15:00
3日目  9:30〜11:30
Comment 鈴木
photos 鈴木
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ