2008年8月21日(木)・22日(金) 安平町立追分小学校5年生宿泊学習活動サポート
1日目 くもり時々雨 18度
2日目 くもり時々晴れ 20度
活動内容 今年初めてきてくれた追分小学校の皆さん。
普段はなかなかできないという「川遊び」を、2日間思う存分体験してくれました。

<1日目午後 どっぷり川遊び>

天気は曇り空で肌寒い気もするなか、子どもたちは始めから川で遊ぶ気マンマンでした。

そこで、まずは川でのレスキュー体験。助け役・溺れ役に分かれ、ロープを投げて救助します。
溺れ役の子は水の冷たさに驚きつつ流れ、相手役の子に無事救助されていました。
元気に飛び込んだり、泳いだりしてひとしきり遊んだあとは、リバートレッキング。
自分の歩きたいところを自分で選んで、川の中を進みます。
なんとか濡れないように陸地を目指す子、どんどん深みを進んでいく子、いろいろでしたがみんな無事にゴール地点につきました。やったね!

<1日目夜 まっくら川遊び>

霧雨も上がり、くもり空がひろがっていい感じの暗い夜。
森の入口からなるべく音を立てないで進んでいきます。
すると…、虫の鳴き声や風の音、川の音が聴こえてきました。
河原で明るさ暗さに対する目の反応の実験したあと、帰り道はたった1人で真っ暗な森の中を歩いて帰りました。
「こわかった〜!」という子もいれば、「めっちゃ楽しかった!」という子も。
どちらにしても忘れられない体験になったようでした。

<2日目午前 じっくり川遊び>

昨日のリバートレッキングのゴール地点で、「鉱石さがし」をしました。
金に似たキラキラ光る石や白っぽい半透明の石、水晶など自分だけのお宝を探してもらいました。
両手いっぱいよりも大きい石をハンマーで砕くと、中からキラキラが!
5つも6つもお気に入りを見つけている子や1種類だけ熱心に探す子。
最後に1つだけお土産として持ち帰ってもらい、顕微鏡やルーペで観察しました。
目で見るだけとはまた違った世界が見えたようです。

いっぱい遊んで、新しい発見があったでしょうか。
また鉱山に遊びにきてくださいね!
参加者 32名(小学生28名、大人4名)
活動場所 滝の沢、精錬所の河原
スタッフ 北川、笠間
ボランティアスタッフ(敬称略)
タイムスケジュール 1日目 12:30〜15:00/19:30〜
2日目 9:00〜11:15
Comment 笠間
photos 北川、笠間
特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ