特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ
   
2008年度 こうざんちょう森のようちえん活動
2008年8月17日(日) 晴れ 23度 第7回こうざんちょう・もりのようちえん「夏だ!じゃぶじゃぶ川遊び」
活動内容 初めての子も、そうでない子も、今日はどきどきの川遊び。

冷た〜い川で気持ちよく遊べるように、ぴっかぴかのお日様が出てきてくれました。

今日の読み聞かせは「カッパが ついてる」。
川遊びをしていたら、カッパが現れていろいろ助けてくれるお話です。

絵本を読み終わると、向こうから見覚えのある人影が・・・

「あっ!うえだんな!!」

そうです。去年までふぉれすと鉱山のスタッフだったうえだんなが、今日は特別に来てくれたんです。
ところが、そのうえだんなから重大な発表が。
「実はぼく、カッパなんだよね」
「ええぇぇ〜〜〜〜〜!!!」
カッパの世界も厳しいらしく、近頃ではすっかり人間の世界に溶け込んで、お皿も水かきも小さくなってしまってるんだそうです。
どうりで、気付かなかったわけだ。人間だとばかり思ってた。

そんなカッパだんなと一緒にカマンベツの沢へ。
恐る恐る入っては「冷たい〜」と後戻りする子もいれば、ざんぶざんぶと、さっそく頭まで浸かって遊ぶ子も。
お父さんお母さんもそれは同じ。最初は慎重に、そのうちだんだん、子どもと一緒に大胆になって川に入っていきました。

ひとしきり遊んだあとは、お楽しみのスイカ割り。
なかなか難しかったみたいだけど、お父さんお母さんも一生懸命「右!右!違う、それはうしろ!」なんて叫んで応援していましたね。

あま〜いスイカと、かっぱの大好きなきゅうりをおやつに食べて、今日の森のようちえんはおしまい。
暖かかったから、まだまだみんな川に入りたかったみたい。
今月もたくさん遊んでくれて、ありがとう。いっぱいの発見、あったかな。

来月のテーマは「きれいな空で秋のお月見」。
どんなことして遊ぶのか、お楽しみに。
参加者 合計 53名(うち 3歳以下5名、幼児19名、小学生5名、大人24名)
活動場所 カマンベツの沢
スタッフ 北川
スペシャルサポート 上田(いぶり自然学校)
ボランティアスタッフ 辻、梅田、西野、紺野、矢野、外山
活動時間 10:00〜14:00
Comment 北川
photos 北川