特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ
■今日のふぉれすと ’07の記録 ’06の記録 ’05の記録
2008年7月17日(木)〜18日(金) 登別小学校5年生宿泊学習活動サポート
17日:雨 16度・18日:晴れ 20度
活動内容 二日間にわたって鉱山の自然を思いっきり楽しむプログラム。
1日目は、3つのコースに分かれて活動しました。

<秘湯探検コース>
明日の草木染めで使う温泉の水をとりに、鉱山町の山奥にある「川又温泉」を目指して進みました。天候は雨、片道4.5kmの登り道、結構厳しいか?と思っていのですが、みんな早い早い!1時間30分で川又温泉までたどり着きました。

温泉では先生も合わせて20人、いっぺんに温泉につかり、男の子たちは「修行だ!」と冷たい川の中に入っては温泉に入りに繰り返しで、みんなたどり着いた秘湯を満喫していました。

細い林道も大変だったかな?と思っていたのですが、「初めてこんな山の中を歩いたよ」とうれしそうに話してくれたり、帰り道の一番しんどい時にはカエルの唄の輪唱をしたり、大変だったけど、とても楽しそうに歩いていました。

<川歩きコース>
ふぉれすと鉱山近くから上流まで1kmちょっと、2時間弱の川歩き。
ほんとにここ歩くの?」と不安な顔を見せたのは最初だけ。30秒後には「きゃ〜!!」「楽しい〜!!」と歓声を上げていました。

気温が低いので、ゴールで川遊びをするまではあまり体を濡らさない方が・・・と言ったのですが、みんなざぶんざぶんと水の中に入って、存分に川歩き&川遊びを楽しんでいました。お弁当、浸水しなくてよかったね。

帰り道は「川じゃないの〜!」という不満をよそに、陸上の道を行きました。
道中、明日の草木染めに使う「アカソ」という草を袋いっぱい集めながら歩きました。

<鉱山銭湯コース>
「コーザン銭湯をつくるぞー!」ドラム缶風呂をわかす使命をもって、まずは山神社近くの森で、リヤカーがいっぱいになるまでたきぎ集め。
ちょっと寄り道して河原で特別に、キラキラした鉱石さがし。

お昼ご飯のあとは火起こしと銭湯開店のため看板作りをしました。
火起こしの詳しいやり方は教えてもらわなかったのに、試行錯誤しながら最後は自分達で考えて見事に大きな火をつけることができました。

最後にみんなざぶんと入って楽しみました。川又温泉コースのみんなも喜んでくれていたね。いい湯だったかな?
そして2日目は、晴天の下で草木染め。
□川又温泉コースの皆さんが持ってきた「川又温泉のお湯」
□川歩きコースの皆さんが持ってきた「アカソ」
□鉱山銭湯コースの皆さんが身に付けた「たき火おこしの技術」
の3つを合わせて出来る、みんなの協力の結晶です。

草木染めはすごく手間がかかるのですが、みんなものすごく一生懸命に、そして楽しそうに過ごしていました。
煮込みの待ち時間に作った、川又温泉を使ったラーメンも美味しかったね。

2時間ほどかかって出来たアカソ染めのハンカチは、茶色がかったピンク色で、一人一人素敵な模様も入った素敵なものになりました。

雨の中で一日中外遊びをして、全部自力で草木染めをして・・・すごい体験をしてくれた登別小学校のみなさんでした。

「また遊びに来たい」と言ってくれてありがとう。いつでも待っていますよ。
参加者 52名(小学生47名、大人5名)
活動場所 17日:施設周辺、幌別川(滝の沢橋〜カマンベツ)、川又温泉
18日:野外炊事棟
スタッフ 17日:北川、笠間、鈴木、大橋、遠藤
18日:北川、
ボランティアスタッフ(敬称略) 17日:成田(モモくら)
18日:紺野(モモくら)
タイムスケジュール <1日目>
9:30〜15:00 秘湯探検コース川歩きコース/鉱山銭湯コース
20:00〜21:00 夜のレクリエーション
<2日目>
9:00〜11:00 川又温泉のお湯で草木染め&ラーメン
Comment 北川、鈴木、笠間
photos 北川、鈴木、大橋、遠藤
−お問い合わせ−
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3  TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808
Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)