特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ
■今日のふぉれすと ’07の記録 ’06の記録 ’05の記録
2008年7月16日(水)くもり 23℃ あそぱくひろば活動サポート
活動内容 今日のあそぱくは草木染め!川原で遊びながらアカソという草を使って、タオルをかわいいピンク色に染めました。

絵本の読み聞かせ「14ひきのせんたく」の読み聞かせから活動がスタート。そのあとすぐにアカソをとりながら川原を目指しました。この草がアカソだよと言うと、みんな同じ葉っぱを探しては、誇らしげにとってきてくれて、あっという間にカゴがいっぱいになりました。

川原では前もって準備していたアカソを煮詰めた鍋の中にとりたてのアカソの葉っぱを入れグツグツと煮立てて、その間にみんなでタオルに模様を入れるために小さい石をタオルに包んで輪ゴムで止めて下準備。「10個とめたよ」「俺は5個」とみんな出来上がりを想像しながらたくさん石を包んでいました。

準備が整い、いよいよ鍋の中に投入。しばらく時間がかかるということで、みんな待ちに待った川あそびをして、出来上がりを待ちました。
曇り空で気温も高くない、水ももちろん冷たいはずなのに、勇んで川にトライです。足だけ水につけて遊ぶ子もいれば、全身川の中に入って、泳いだり、ライフジャケットで浮かんだりする子までいました。川あそびは楽しいと思ったところで、あっという間にタオルができたよという声。川から上がり、自分たちの入れたタオルを見てみると、ちょっと紫っぽい赤に染まっていました。それを魔法のお湯につけて、草木染は無事に終了しました。

途中で登場した森の妖精さんのおまじないのおかげもあってか、とても奇麗な色染まってみんな満足のようでした。
参加者 合計 組18名(うち 4歳以下10名、大人8名)
活動場所 裏玄関 大村さんの川原
スタッフ 遠藤 鈴木
ボランティアスタッフ(敬称略)
タイムスケジュール 12:45〜受付開始
13:00〜川原へ向けて出発
13:15〜読み聞かせ14匹のせんたく(吉田ログまえの駐車場)
13:30〜アカソを探しながら川原へ
13:50〜川あそび、草木染め開始
15:00〜活動終了
Comment 鈴木
photos 遠藤
−お問い合わせ−
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3  TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808
Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)