特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ
■今日のふぉれすと ’07の記録 ’06の記録 ’05の記録
2008年7日1(火)−2日(水)
7月1日 晴れ 23℃
7月2日 晴れ 22℃
鷲別小学校宿泊学習活動サポート
活動内容 ◇1日目
<ずぶぬれ川あそび>
初日は雲ひとつない青空、熱い太陽、もう絶好の川あそび日和でした。
ライフジャケットやヘルメットをつけて、いざ川へ。川につくなり、びしょぬれの川あそびがスタートしました。
鉱山の川の水はとにかく冷たいのですが、みんな遊んでは陸に上がり、暖かいお茶を体に入れて、また川の中への繰り返しで、時間いっぱいになるまで、ずーと川あそびを楽しんでいました。
岩から深みへ飛び込みをしたり、泳いだり、流れたりとにかく川が楽しくて仕方ない!という雰囲気でした。
時間いっぱいになり「やり残したことはないか?」という問いかけには「もう一回飛び込みたい!」と即答が帰ってきました。夏の川で楽しい時間が過ぎて行きました。

<鉱石アクセサリー作り>
とってもいいお天気の中、10名のみなさんと鉱石を探しに出かけました。
今日の場所は、川の中です。いいお天気でも、川の水は、とっても冷たい!!
みんな夢中になって、
水晶やグリーンタフなど、いろんな宝物をみつけていましたよ。
その鉱石を使って、アクセサリーをつくりました。
ステキなネックレス、いいでしょ?


◇2日目

フォトフレーム作り
散策して小枝やマツボックリ、葉っぱ等の自然物を拾ってきて、フォトフレーム作りをしました。
段ボールの下地に自然物をホットボンドでくっつけて、個性豊かな作品の数々を仕上げていきました。「何の写真を入れようかなぁ」とか「俺は○○に行った時の写真を入れる!」とみんな自分の作品に満足だったようです。

クマザサ茶づくり
フォレスト鉱山周辺にあるクマザサを使ってお茶作りをしました。
ただ葉っぱをとっても面白くない。もう葉っぱを厳選に厳選を重ねて、おいしいところを選びぬき、最高の笹の葉茶を作りました。味は厳選しただけあってみんな大満足のようでした。
そのほか、オリジナルのお茶にも挑戦。オオバコやサクラなどの毒のない草を選んでお茶づくり。こっちの味は・・・・みんなに聞いたところ半分が「おいしい!」半分が「まずい*」という結果になりました。
参加者 46名(うち小学生41名、大人5名)
活動場所 7月1日 
 鉱石探し:精錬所跡の川原 木工室
 ずぶぬれ川あそび:滝の沢橋の川原
 
7月2日
 フォトフレーム作り
 笹の葉茶作り
スタッフ 遠藤、鈴木、村木、中川、佐々木
ボランティアスタッフ
タイムスケジュール 7月1日 12:30−15:00
7月2日 9:00−11:00
Comment 遠藤 鈴木 北川
photos 鈴木
クラフト
鉱石アクセサリーつくり
川遊び
−お問い合わせ−
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3  TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808
Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)