特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ
■今日のふぉれすと ’07の記録 ’06の記録 ’05の記録
2008年 6月28日(土)晴れ 鉱山流里山づくり 植樹の日
活動内容 たくさんの人が今回の「植樹の日」に参加してくださいました。
お申込みが100名を超えるほどの盛況ぶりでした。

お天気にも恵まれ、始まりはグラウンドで行いました。
参加者の皆さんに今日の流れを説明して、遊歩道散策に出かけました。
参加者の方と一緒に遊歩道を歩いて、ふぉれすと鉱山の森を見てもらいました。
笹が残っている場所、以前笹刈りをして現在イタドリが生い茂っている場所、下草刈りをして木の赤ちゃんが出てきた場所を見て、人の手を入れると木の成長を早めることができることを知ってもらいました。

その後、苗の育成場所から苗を取ってきて、植樹場所に植えました。
どの木にしようかずっと迷っている子ども、ひたすら穴を掘っているお父さん、小さいスコップで穴を掘っている小さな子ども、「大きくなぁれ」と言いながらお水をかけている親子など、参加者のいろいろな表情を見ることができました。
参加者の中には、1本だけでは物足りず2本3本も植えてくれたかたもいました。

そして、作業の後には豚汁が待っていました。
天気がいいので、外で昼食を取ることに。
汗が出るくらい土いじりをした後の豚汁はもう最高でしたね。
おかわりする参加者が続出していました。

その後、今回の植樹した場所に名前を付けてもらおうと、参加者の方々にアイデアを出してもらいました。
そして、投票の結果、『おおきくなぁれ ココロの森』に決定しました。
皆さんが考えて選んでくれた名前。とてもすばらしい名前だと思います。

恭賀鉱山の森づくり100年構想の第1歩目です。
植樹の日をスタートとして、ふぉれすと鉱山流里山づくりをみなさんと一緒に創っていきたいと思っています。
これからもよろしくお願いします!!
松下グループの社会貢献活動 「ストップ!温暖化 森とおうちでできるエコ活動」

映像
参加者 96名:子ども54名、大人42名
活動場所 遊歩道、ココロの森(クリの木の横の広場)
スタッフ 遠藤、北川、大橋
ボランティアスタッフ(敬称略) 吉田伸、紺野、伊藤省、内田、谷口、長田、本間、庄司ふ、池田、池田か、池田と、池田た、中西、前田、前田は、前田け、高橋か、たぶち
タイムスケジュール 10:00〜12:00
Comment 大橋
photos 遠藤、北川、池田か、池田と
「ストップ!温暖化  森とおうちでできるエコ活動」パートT植樹の日の記録
−お問い合わせ−
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3  TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808
Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)