特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ
■今日のふぉれすと ’07の記録 ’06の記録 ’05の記録
2008年6月4日(水)  快晴18度 室蘭市立蘭東中学校1年生自然体験活動サポート
活動内容 エゾハルゼミの大合唱が響き渡る、快晴の鉱山町。
定番の「水」系3コースに分かれて鉱山の自然をたっぷりと楽しんでもらいました。

<三段の滝コース(星、笠間)>
青空の下、片道4.5キロの自然散策に出発です。
「何か1つでも自分のお気に入りを探してね」と声をかけると、コルリの鳴き声を間近で聞いたり、エゾアカガエルを見つけたりしました。

暑さや荷物の重さにしんどさを感じながら、長い上り坂を過ぎるとやっと滝に到着。
お昼ご飯を食べたあとはお待ちかねの川遊びタイムです。
最初はおそるおそるだったけど、最後には全身びしょびしょに。
冷たい川の水でしたが、みなさん笑顔で遊んでいました。

帰り道は木陰もふえ、くだり坂が多いので歩くのも楽だったようです。
「空気がきれいだね〜」などとおしゃべりしながら、友達同士の会話が弾んでいました。

<川又温泉コース(北川)>
他のコースと同様、林道を進むこと2km少々。
そこからは細い山道を進みます。
道が川のようになっていたり、フキのやぶを掻き分けたり、倒木の下をくぐったり・・・ちょっと冒険気分の山道を抜けると、今度は目の前を川がさえぎります。
川の冷たさに「きゃ〜!!」と悲鳴を上げながら歩くこと10分。ついに川又温泉に到着。

今日の子ども達は割りと遠巻きに見ている感じで、ちょこっと足をつけるくらいの子が多かったのですが、男の子二人は豪快に頭まで浸かっていました。
他の子は、むしろ冷たい川に入るのが気持ちよかったみたいですね。

<不動の滝コース(大橋)>
不動の滝コースは、ライフジャケット・ヘルメットを装着してから、ふぉれすと鉱山を出発しました。
昨日とは打って変わっての晴れの日。林道を歩き、川を歩いて滝を目指しました。林道を歩くのとは違って、川の中を歩くのは少し大変。流れに逆らい、動く岩・滑る岩に注意しながら川をつめて行き、やっと不動の滝に到着。
滝の迫力に圧倒され...と思いきや、みんな滝に打たれ修行し、そして、滝つぼにダイビングしていました。
水は冷たかったけど、みんな大はしゃぎしていました。
参加者

合計 64名(うち 小学生59名、大人5名)

活動場所 三段の滝、川又温泉、不動の滝
スタッフ 北川、大橋、笠間
ボランティアスタッフ 星(モモくら)
タイムスケジュール
Comment 北川、大橋、笠間
photos 北川、大橋、笠間
三段の滝コース(星、笠間)
これは何だろう?! 滝の前でハイッポーズ!
新緑の中の散策 冷たい〜けど、たのしい!
不動の滝コース(大橋)
滝を求めて川を進むぞぉー! 滝のシャワーを浴びながらお昼ご飯
これが本気の滝修行じゃー!! 滝つぼへ...ジャーーンプ!!
川又温泉コース(北川)
倒木をくぐり・・・ 道なき道を行き・・・
川を越えて・・・ 温泉に到着!あったか〜い(33度ですが)
−お問い合わせ−
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3  TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808
Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)