特定非営利活動法人 登別自然活動支援組織モモンガくらぶ 登別市ネイチャーセンター ふぉれすと鉱山 本文へジャンプ
 NPO法人モモンガくらぶの公式ロゴ
■今日のふぉれすと ’07の記録 ’06の記録 ’05の記録
2008年5月18日(日)晴れ 15℃ 第1回森からつながる環境保全〜調査会@
内容 今日も五月晴れの鉱山。
いよいよ、「森からつながる環境保全」の開催です。
こちらは、地球環境基金の助成を受けて、実施する事業で、今年度は「森からつながる環境保全」と題して、
@知る→調査会(全4回)
A楽しむ→お楽しみ(全10回)
B学ぶ→勉強会(全3回)
の3本柱をベースに展開していきます。
今回は、調査会の第1回め。

加藤さんを講師にお迎えして、樹木・植生調査を行いました。
今回の場所は、まさに今森がつくられている『鉱山再生の森』です。
フィールドにいくまでに道すがらの樹木について学びながら、調査地へ向かいます。

調査地では、5m×5mの調査区を2箇所設け、巻尺、輪尺、スケールに、ナンバーテープなどを持って、樹木の調査を行います。
胸の高さある木にナンバーをつけ、胸高直径を測定し、位置を記していきます。
初めてのみなさんも、調査に夢中!

ここのフィールドは、小さめの木が密集して、裸地に向けて木がまばらになっています。

調査結果を方眼紙にまとめてみると、森林の遷移ステージがわかるような結果が得られたのです。
まとめてみると、森の姿(現状)が分かり、なんだかいつもみている森とは違うような、 もっと知ることができたような、不思議な感覚でした。

結果は、後日アップします。お楽しみに♪

次回は6月14日(土)お楽しみ編「山菜ハイキング」
15日(日)勉強編「気象からみる地球温暖化」で、みなさまのお越しをお待ちしております!!
講師 加藤京子氏(加藤京子木育研究室)
受講生 14名(中学生1名・高校生1名・大学生7名・大人5名)
スタッフ 遠藤、大橋
活動場所 ふぉれすと鉱山周辺の森
タイムスケジュール 10:00〜15:00(有志結果のまとめ16:00まで)
Comment 遠藤
photos 兼子こ、遠藤
−お問い合わせ−
登別市ネイチャーセンター「ふぉれすと鉱山」
〒059−0021北海道登別市鉱山町8−3  TEL 0143−85−2569  FAX 0143−81−5808
Mail Address:momonga●npo-momonga.org(●を@に変更して送信してください)