2008年1月25日(金)晴れ アウトドアライフ(ガイドウォーク)
活動内容 みんな、ずっと笑っていました。

昨日降った新雪の上をカンジキやスノーシューで、歩く気持ち良さといったら!

ササが見え隠れする森の中を、交替交替、先頭を入れ替わりながら、テンの足あと、ねずみの足あと、ヒヨドリの鳴き声などを追いかけながら、雪の上に落ちた木の種を見つけたり、木の皮をかじってみたり、きれいな木のつるを見つけたり、決して夏には行くことの出来ない道を、歩くことを楽しみました。

そして、休憩時にはびっくりするほど、しょっぱいおしるこを食べました。
みんなのどが渇いてしまいましたが、このあたらな鉱山名物の登場に、楽しいおやつの時間に華が咲きました。

帰りも岩ヶ崎鉱まえを通って帰ってきましたが、こちらの”氷筍”にも、一同感動。
短い時間の散策でしたが、思いでタップリできて、楽しい時間でした。

スタッフもめいっぱい楽しかったです!
みなさん、ありがとうございました。
参加者 6名
活動場所 山神社裏〜岩ヶ崎鉱
スタッフ(敬称略) 伊藤(義)、栗林、福澤
西埜
活動時間 10:00〜12:00
Comment 西埜
photos 西埜
さあ出発! あれなんだろう? こおりのたけのこ発見!
ラッセルですすめ! 休憩タイム これは何の木かいな?
これぞ、鉱山名物「しょっぱおしるこ」!のどがカラカラ!
モモンガくらぶ トップ プロフィール 活動内容 活動計画 情報公開
■今日のふぉれすと ’06の記録 ’05の記録
特定非営利法人 登別自然体験活動支援組織モモンガくらぶ