2008年1月18日(金)晴れ -5度 青葉小3年生総合学習サポート
活動内容
青葉小学校裏の「青葉の森」へ何度も出かけている3年生のみなさん。
今回は鉱山の冬の自然のことを学びにやってきてくれました。

「鉱山ならでは」というテーマを先生と相談して
□川コース
□足跡コース
□鳥コース
の3つのコースに分かれて、鉱山の自然に触れてもらいました。

□川コース
とっても危険な場所、「冬の川」。
今日は先生も含めて強力なスタッフが4人ついて万全な体制で臨みました。

川は・・・、一面凍っていました。
夏の風景を覚えている子もいました。
びっくりとワクワクを同時に感じているようでした。
そして、氷を割ってみたり、そしてひっくり返して、その芸術的な氷の模様に驚いたり、がんばって冷たい水の中の昆虫を探したりしました。

めったに見ることの出来ない冬の川の様子、大人も一緒に興奮しっぱなしで体験していました。ああ、おもしろかったぁ〜。

□足跡コース
「何の足跡か」より「何をしていたか」を想像する楽しみを味わってもらいました。
まずはスタッフのつけた足跡を追跡「うろうろしてるのはご飯探してるから?」
「あ!りんごの芯が落ちてる!やっぱあたりだ!」「歩幅が大きくなったよ。走ったんだ!」
こんな推理をしながら、見事スタッフを発見しました。

そのあとはいよいよ森へ出かけて足跡探し。
ネコ、キツネ、テン、シカ、ネズミの足跡を見つけることができました。
大きさを推理してみたり、跡をずっと追ってみたり、歩き方を真似してみたり。
冬の動物たちの暮らし、想像は広がったかな?

□鳥コース
遠くまでみえる便利な道具・双眼鏡の使い方の練習をして、まず、目で、そして耳で探します。
一度見つけると、「あ!今飛んだ!」「あ!あの木のてっぺんにいる〜」とどんどん見つけられるようになりました。観察した鳥は、シジュウカラ、カケス、シメ、キバシリ、アカゲラなどなど。ちょっと鳥マスターになったかな?

午後は今回の感想を俳句にしたためてグループ毎に共有。
きれいな句、面白い句、どの子どもも素敵な句を詠んでくれて、どのグループからも「おぉ〜」という歓声や、笑い声が聞こえてきました。

青葉の森でも、冬の森の楽しさをいっぱい発見してくださいね。

参加者 合計 47名(うち 大人2名 小学生45名)
活動場所 川コース:滝の沢橋下
鳥コース:遊歩道〜銀座通り〜山神社
足跡コース:グラウンド〜銀座通り〜不動の滝ゲート
スタッフ(敬称略) 北川、遠藤、西埜
<KoNG> 成田(し)、成田(ふ)、福澤、栗林、内田、伊藤(し)
活動時間 9:50〜12:00 コース毎の活動
13:00〜13:30 ふりかえり
Comment 北川、遠藤、西埜
photos 北川、遠藤、西埜
何をしてたか、みんなで推理 近寄ってじっくり観察 ねずみの足跡再現中!
川の氷を割ってみよう ひっくり返した氷の模様が面白いのだ 冬の川の中に住んでいたムシをみてみよう
どんな一句にしようかな みんなでふりかえり KoNGの皆さん、ありがとうございました
双眼鏡の使い方の練習だー あ、何かいるよ! 今日見た鳥のおさらいです
モモンガくらぶ トップ プロフィール 活動内容 活動計画 情報公開
■今日のふぉれすと ’06の記録 ’05の記録
特定非営利法人 登別自然体験活動支援組織モモンガくらぶ