2008年1月11日(金) 晴れ-1度 ふぉれすと鉱山利用者会議セクション3 学校編
内容 01子育て編、02一般編と続いた利用者会議の最終回、学校編を実施しました。
登別、室蘭、白老、北広島、札幌から8小中学校9名の先生方が集まってくださいました。

会議のテーマは
□今年度の活動の振り返り
□来年度の活動について、ふぉれすと鉱山と学校それぞれのやるべき役割を考えるという2点です。

まずは自己紹介代わりに今年度の活動内容と、効果の上がった点、改善すべき点を発表していただきました。

続いて、来年度のことを考えるために、3人ほどのグループでディスカッションをしていただきました。

考えるきっかけとして「小学校5年生の4泊5日の自然体験活動プログラムを企画する」というワークをしていただきました。

というのも、5年後から総務省、文科省、農水省の3省連携で小学生の長期宿泊自然体験活動が義務化されることが最近決まったからです。
将来の具体的活動から遡ることで、来年度の課題が見えてくるのでは、ということです。

先生方はときに頭を悩ませ、ときに盛り上がりながらそれぞれに企画を考え、来年度の課題を導き出してくださいました。
最終的に、学校とふぉれすと鉱山ががっちりタッグを組んで進んでいかなければ、ということを共有することができました。

お忙しい中お集まりいただき、非常に有意義なご意見を伺うことができました。
来年度も学校と協力して、より効果的な活動が実施できるよう全力を尽くします。
参加校 合計 8校(9名)

<登別>
若草小学校、鷲別小学校、幌別西小学校 、幌別東小学校

<室蘭>
室蘭市立蘭東中学校

<白老>
白老町立竹浦小学校

<札幌、北広島>
札幌三育小学校、北広島市立広葉中学校
場所 和室研修室
サポートスタッフ(敬称略)
スタッフ 北川、上田
時間 10:30〜12:30
ご要望と回答は後日です
Comment 北川
photos 遠藤
モモンガくらぶ トップ プロフィール 活動内容 活動計画 情報公開
■今日のふぉれすと ’06の記録 ’05の記録
特定非営利法人 登別自然体験活動支援組織モモンガくらぶ