2007年12月13日(木)曇りのち雪

たまにはアウトドアライフ「ダッチオーブン料理&いいもの」
参加人数 8名
活動場所 森トンハウス周辺
スタッフ 福澤 栗林 (モモンガくらぶ)
吉元 西埜 (鉱山スタッフ)
タイムスケジュール 9:40     あいさつ
9:50〜11:20  杉と檜の材でマイ箸づくり (途中、ダッチオーブンの管理)
11:20〜12:30 ダッチオーブン料理と森トンハウスでのお食事会
活動の内容 たまにはアウトドアライフシリーズ第2弾のダッチオーブン料理&いいものづくり。

初めてふぉれすと鉱山を利用するという大人も方も参加してどんなことが始まるのかワクワクしている様子の皆さん。

「今日はダッチオーブンで美味しいものをつくります。そして、その料理の食べるための箸をつくります!」と発表され、「箸!?いまからつくるの!?」と驚きを隠せないようでしたが、皆さんの箸づくりが始まりました。

黙々と、一時間以上、角材をナイフで削ぎ続け、木の匂いをかぎながら、柾目をよく見極めながら、会話を弾ませながら、焚き火に当たりながら、その、のんびりとした、ほんわかとした、集中した、日常からは離れた、時間の流れをそれぞれの皆さんが過ごしていました。

そして、出来あがったマイ箸のできあがりにもみんな満足した様子で、「これで、料理を食べれるぞ!」と張り切っていました。

そこで、登場したのが、ダッチオーブンと、今日の食材たち。
皆さん、少々興奮気味でどんな料理が出来るのか、興味深々の様子。

微妙な火加減を、火の世話しながら調節することを、目の当たりにしながら、料理が出来上がるのを待ちました。

出来上がった料理と、自分でつくった箸をつかって、とっても素敵なお食事会となりました。
報告者(コメント) 西埜
報告者(写真) 西埜
モモンガくらぶ トップ プロフィール 活動内容 活動計画 情報公開
■今日のふぉれすと ’06の記録 ’05の記録
特定非営利法人 登別自然体験活動支援組織モモンガくらぶ

研修